40151F 甲種輸送

IMG_9263r[1]
40000系、7本目の車が西武線に到着しました。
車両番号は、今回新たに「50番台」が付与され、
40151Fとして運用される模様です。
40000系としては初のロングシート車となります。


IMG_9259r[1]
2019/12/15 263F+40151F飯能方5両
EOS 5D Mark II EF70-200mm F2.8L IS II USM

8両編成である001系の甲種が立て続けに実施されていることもあり
10両編成の甲種が、随分と久々のように感じます。
10両編成といえども、
西武線内は263F4両と8両までの12両が最長編成となり
10両編成の甲種輸送となると、
新秋津で編成を分割して小手指まで輸送することとなります。
今回も午前の部は飯能方5両、午後の部は池袋方5両と、
それぞれ輸送されています。

IMG_9264r[1]
2019/12/15 263F+40151F飯能方5両
EOS 5D Mark II EF70-200mm F2.8L IS II USM

後ろから眺めてみると、その切り落とされたような車体断面に
地下鉄の車両規格の制約を想像します。

IMG_8831[1]
2013/10/06 30101F甲種輸送

それだったら拡幅車体である30000系の断面はどうだったか…?
と掘り起こしてみましたが、
そこまで印象は変わりませんでした。
30000系の妻面は斜めにエッジを利かせて
三角錐のように、底面に向かって絞り込んでいくので
直線的な造形に見えるのも要因かと思います。

IMG_9280r[1]
2019/12/15 263F+40151F池袋方5両
EOS 5D Mark II EF70-200mm F2.8L IS II USM EXTENDER EF1.4× EXTENDER EF2×II

午後の部、池袋方5両。
久々にエクステンダーの2段重ね、
更に大幅トリミングで、このように。
たいした記録ではありませんが、
40151Fの甲種の姿であることに間違いはありません。

さて、7本目ということで「40107F」であろうと

何も疑うことはなかったのですが
まさかの「50番台」で西武線にやってきた40151F。

50番台といえば、
6000系の50番台はステンレス車とアルミ車の区別、
20000系の50番台は10両編成と8両編成の区別、
今回の40000系で、ロング・クロス車とロングシート車の区別、
このような区分となりました。

20000系では50番台で編成を区別するのに対して
30000系では車両番号の千の位で編成両数を区別したり…
50番台にも、特定の意味合いがあるわけでもなく
個々の意味合いをラフに捉えて考える方が楽しめそうです。

40000系甲種輸送も、公式発表から引き算すると残り1本となりました。
40152Fとなるであろう最後の車も年度内には登場する模様です。
さて、次は50000系でしょうか?002系?でしょうか。
あれこれ考えているこの時期が、一番楽しいですね。

Follow me!

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
20年以上に渡り、西武鉄道の写真を趣味で撮影する東京生まれの埼玉県民。
西武線の撮影実績(写真在庫)は10万枚以上。
ホームページ・ブログ運営は15年以上。
子どもと電車を眺めているのが最近の専らです。詳細なプロフィールはこちら