001系デビューまでの足あと~お披露目イベント~

2019/3/2 新型特急車両『Laview』お披露目イベント

西武球場前 001系デビューお披露目イベント

2019年3月16日より、池袋線・西武秩父線系統にて営業運転を開始する001系。
営業開始に先立って、お披露目イベントが実施されました。
新型特急車両『Laview』お披露目イベント[西武公式PDF]

イベントは2019年3月2日と3日の、両日で実施されました。
会場への入場には、西武線アプリでの事前登録が必須となっており
電子入場券制度が採用されました。
会場内の様子は、全て2019年3月2日に撮影したものとなります。

会場内ではいち早く001系のプラレールが走り回っていました。

展示されたのは3月2日と3日の両日とも001-A1Fでした。
横に留め置かれのは、10000系10105Fのレッドアロークラシック。

横から眺めると、10000系も十分丸みを帯びていますが
001系のそれと比べると、比較にならない程の差異があります。

車内にも入ることが出来たので、座り心地をいち早く体験できました。
座席のクッション性が非常に高く、
ヘッドレストが可動式であるのが、非常に進化した点だと感じました。
特急料金据え置きのまま池袋線の全特急が001系に置き換わるので
一般利用者からは、好意的に受け取られるだろうと感じました。

所沢→西所沢 001-A1F

お披露目イベント後は、体験乗車イベントとして
西武球場前→池袋を客扱いの上、運転されました。
池袋からは折り返し回送で入庫しています。
上記画像は、その折り返しの回送列車。

2019/3/3 001-A1F

西所沢→所沢 001-A1F

2日目となった3月3日は、生憎の天候でした。
001系では10000系と異なり、「ドーム号」表示が可能なため、
「臨時」表示での運行が、今以上に珍しくなるものと思います。
(10000系は「ドーム号」表示がない為、「臨時」表示でドーム号を運転)

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
34歳の電車好き。
西武線の撮り鉄歴は20年以上。東京生まれの埼玉県民。(西武沿線から離れられません)
なぜか既婚者、二児の父です。鉄道会社とバス会社で勤務経験アリ。ホームページ・ブログ運営は15年以上。西武線で団臨を走らせたことがあります。
詳細なプロフィールはこちら

Kindle Unlimitedの無料体験で鉄道雑誌が読み放題でした

Kindle Unlimitedは電子書籍のサブスクサービスですが、本登録の前にお試し期間を楽しむことが出来ます。
(Amazonアカウントですぐに登録可能)
西武の黄色い3扉車も、「Kindle Unlimited」の読み放題対象タイトルです。