ワンマン9108F4連、武蔵丘出場

武蔵丘でワンマン対応工事を実施していた9108Fが
2020年7月28日に武蔵丘車両検修場を出場し、
小手指車両基地まで回送されました。
9108Fは2019年10月に横瀬で4連化されており
以来、武蔵丘での留置が続き、その動向が注目されているところでした。

ワンマン9108F4連、武蔵丘出場 2020/7/28

狭山ヶ丘→小手指 9108F

それぞれの車両番号に変更は無く、
4連化されたままの
飯能 ←9108-9208-9908-9008 →指
といった組成で出場しています。
細かい差異は多岐に渡るのでしょうが
外観で目に付いた点を3つ紹介します。

表記類

小手指 9108号車

側面の表記については
社紋と「クハ」や「モハ」の表示が撤去され
4両全ての車で車両番号のみが表記されています。

パンタグラフ

小手指 9208号車

9208号車のパンタグラフは
従来下り方にのみ1基でしたが
今回のワンマン化改造に合わせて上り方に1基増設しています。

種別表示

小手指 9108F

前面・側面共に埋められているよう見受けられました。
4両のワンマン線区(多摩湖線等)では
優等運転は無いので必要が無いということなのでしょう。
戸袋窓も埋められているので、外観上では
少々いびつな印象を受けます。

9108Fの今後

小手指 9108F

多摩湖線での営業開始を見据えているものと思われますが
その場合、通常であれば、武蔵丘を出場し南入曽まで回送され
夕方の不定期回送で玉川上水まで、というルートをたどります。
(多摩湖線で運用される編成は玉川上水へ入出庫する為)
しかし、今回の9108Fは南入曽まで向かわず
池袋線の小手指車両基地に入庫していることから
小手指車両基地において何らかの作業があるものと思われます。
9108Fの営業開始までは、もうしばらく時間がかかる模様です。

Follow me!

この記事を書いた人

SSK
SSK【101系低運転台車とE31形電気機関車に情熱の全てを】
20年以上に渡り、西武鉄道の写真を趣味で撮影する東京生まれの埼玉県民。
子どもと電車を眺めているのが最近の専らです。詳細なプロフィールはこちら