西武ラビューの前面展望はどの座席?知っておきたいローカルルール

西武線を知る
広告

2019年3月にデビューした西武鉄道の特急Laview(ラビュー)には、前面展望を楽しめる座席があります。

  • 乗車区間によって変化するラビューの「前面展望席」
  • ラビューのローカルルールは座席が後ろ向き!?

この座席は乗車券と特急券以外の追加料金は不要で、空席であれば誰でも運転士さん気分を味わえちゃいます。
前面展望を楽しむには、一体どの座席を確保すればいいのでしょうか?

それでは、さっそく調べてまいりましょう。

銀色の車体が特徴の西武特急ラビュー
広告

ラビューは上りと下り・乗車区間によって一番前の座席が変わる

ラビューの展望席に座るためには、まず自分が「どの区間に乗車」して、「どの区間で前面展望を楽しみたい」のかを整理するところから始まります。

以下の画像は飯能駅から見た西武線の線路ですが、赤で記した右2本の池袋へ向かう線路と、青で記した左1本の西武秩父へ向かう線路が同じ方向に並んでいるのが分かります。

飯能駅では列車の進行方向が変わる、これを「スイッチバック」という

このため、飯能駅を境に電車の進行方向が逆向きになることを、覚えておかないとなりません。

似たような例としては、秋田新幹線の大曲駅が挙げられますね

ラビューの展望座席一覧【上り・下り・区間別】

それでは、さっそくですが結論です。
区間ごとの展望席を紹介しますので、特急券を購入する際の参考にしてください。

池袋線下り【飯能・西武秩父行き ラビューの展望座席】

池袋・所沢・入間市から、飯能まで(下り)

1号車1C

↓飯能駅で進行方向が変わると、8号車が先頭になり

飯能から、横瀬・西武秩父まで(下り)

8号車12B

池袋線上り【池袋行き ラビューの展望座席】

西武秩父・横瀬から、飯能まで(上り)

1号車1C

↓飯能駅で進行方向が変わると、8号車が先頭になり

飯能から、入間市・所沢・池袋まで(上り)

8号車12B

ラビュー1号車は1Cが眺望良好
ラビュー8号車は12Bが眺望良好
展望座席からの眺め(イメージ)

ちょっと特殊なラビューの座席、向きと進行方向のローカルルール

飯能駅を境に進行方向が変わるラビューですが、自分の座席の前後に他のお客さんが座っていると座席は回転させづらいですよね。このため、一部区間では座席が逆向きの状態で電車が走ることがあります。

ちょっと特殊な西武秩父発車時点の座席の向きについて紹介します。

池袋線下り【西武秩父行き 座席の向き】

池袋・所沢・入間市から、飯能まで (下り)

前向き

飯能から、横瀬・西武秩父まで(下り)

進行方向と逆向き

池袋線上り【池袋行き 座席の向き】

西武秩父・横瀬から、飯能まで (上り)

進行方向と逆向き

飯能から、入間市・所沢・池袋まで(上り)

前向き

※池袋から飯能を往復する「むさし号」については、上下とも全区間「前向き」です。

逆方向で走行する区間についても座席を回転させることは出来ますが、逆向きのままで着席することがベターです。
見ず知らずの方と向かい合わせになるのは、結構気まずいので仕方ありませんね。

特に西武秩父からの上り池袋行きに乗る時は違和感がありますが、これを事前に把握しておくとスムーズに乗りこなせます。

秩父へお出かけの際は、ぜひ参考にしてくださいね!




↓ブログランキングに参加しています↓
応援のクリック&タップを
是非よろしくお願いします​

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 西武線へ

広告
広告
タイトルとURLをコピーしました