2004/1/17 101系低運転台車

Rail Log Archiveは、
2000年頃から撮り溜めた過去の西武線の写真を、簡単な注釈を設けて紹介するカテゴリーです。

急行西武遊園地行きを含む、土休日ダイヤの定番運用に充当した215F。
ペアを組む2連は295Fであり、余談ながらこの編成は
西武新宿線における最後の3ドア10両運用を担当した編成。

西武新宿線3ドア10両
運行最終日、2012/6/28 295F-303F
(295F-303Fは6/29に南入曽→小手指)



215F廃車まで、残り73日。

2004/1/17 101系低運転台車 215F-295F

新所沢

新所沢 215F-295F
新所沢 295F

朝の運行は、南入曽を出庫し本川越まで回送。
本川越からは急行西武新宿となり、折り返しは急行新所沢になります。
その新所沢に到着する模様。

東伏見

東伏見 新2000系
東伏見 2000系 3015F
東伏見 3013F
東伏見 215F-295F
東伏見 2000系
東伏見 新2000系

新所沢からは、一旦南入曽車両基地に引き上げて
再び急行西武新宿行きで上ります。(記録は無し?)
西武新宿からは、急行西武遊園地行きに充当となる姿です。
2020年現在では季節運転となってしまった急行西武遊園地行きですが、
この頃は、当たり前ではありますが
土休日ダイヤで定期的に運転されていました。
(2016/3/26改正より不定期化)

小平

小平 3017F
小平 215F 10000系
小平 295F-215F
小平 20156F 215F
小平 215F-295F

西武遊園地からの折り返し小平行きが、終点の小平駅に到着します。
引き上げる際は曇りの光景ですが、程なくして雪がちらついてきました。
10000系の下り小江戸号が通過する頃には、目にも見えるほどに。
上っていく上り急行は20156F。
当時、20157Fはまだ到着していないので、
西武線内で最新の編成だった頃の姿です。

小平 215F-295F
小平 295F

そして、引き上げ線から下り新宿線ホームへ。
一旦停車の後、南入曽へ回送されていきました。

Follow me!

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
20年以上に渡り、西武鉄道の写真を趣味で撮影する東京生まれの埼玉県民。
西武線の撮影実績(写真在庫)は10万枚以上。
ホームページ・ブログ運営は15年以上。
子どもと電車を眺めているのが最近の専らです。詳細なプロフィールはこちら