西武2000系 2027F 廃車回送

西武線撮り鉄レポ
記事内に広告が含まれる場合があります。

2022年10月18日に新宿線所属の2000系2027Fが横瀬へ廃車回送された

2027Fの廃車により、2000系の残りは16両となり、行き先表示器に3色LEDを搭載している車両は10112Fのみとなった

2022年度の西武鉄道では新車30両と、廃車70両を予定しており、2022年10月時点での進捗は以下の通り
新車:10両導入済み/30両導入予定 → 残り20両導入
廃車:38両廃車済み/70両廃車予定 → 残り32両廃車

回送の4015Fと顔を合わせた2027F

↓この記事を書いた人

SSK
SSK

こんにちは。
西武専門の鉄道マニアです。
趣味:西武線の写真をブログにまとめること

広告

吾野駅に到着する2027Fの廃車回送

吾野3番線に到着する2027Fの回送列車

2027Fは、2022年10月15日に新宿線の運用を終え、16日に南入曽から小手指へ回送。

小手指で2晩を過ごし、18日の午前中に小手指発横瀬行きの回送として運転されました。

パッチワークの目立つ2027F側面

2027Fの状態は、随所にパッチワークの痕跡が見られ、状態が良くないことは誰の目にも明らかでした。

吾野を出発し、横瀬へ向かう2027F

6両編成の2027Fが廃車されたことにより、残りの6両は2031Fのみとなりました。

2両編成の残りについても、2403F・2405F・2409F・2417F・2419Fの5編成10両。

全体で見ても16両まで数を減らすこととなりました。

2027Fの廃車回送についてまとめてみた感想

西武2000系2027Fの廃車回送について書きました。

  • 2000系6連の2027Fが、2022年10月18日に横瀬へ廃車回送された
  • 残り少ない3色LEDを搭載する車両だった
  • 2000系は残り16両にまで数を減らした


ということが分かりました。

今年度は残り20両の40000系導入と、32両の廃車が見込まれており、今後もさまざまな車両運用が発生するものと思われます。

鉄道コム PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 西武線へ

タイトルとURLをコピーしました