2405F武蔵丘出場の今昔

西武線撮り鉄レポ
広告

2405
【←2004/6/22】 【2020/6/19→】 共に2405F 所沢

2405Fが武蔵丘を出場しました。
折角ですので、丁度16年前との比較写真を織り交ぜつつ
追える範囲で2000系の色々を、少々振り返ってみます。

広告

西武2000系2両の2405F 武蔵丘出場の今昔比較

2004/6/22 2405F 所沢

1996年より開始された2000系の更新は6連と8連からの実施でしたが、2004年頃からは、2連にも実施されるようになりました。

細かい差異は詳しい方の解説にお譲りするとして…
スカートの設置と行き先表示器のLED化が目に見える目立った内容となっており、随分とその印象も変わって見えるものでした。

2020/6/19 2405F 所沢

2000系2連の更新は、2003年の2413Fを皮切りに2411F→2405Fの順に施工されました。

2405Fは3番目に更新工事を受けた編成となり、おおよその工事メニューも先の2編成と同様のものでしたが唯一の相違点がありました、パンタグラフです。

2004/6/22 2405F 所沢

2413Fと2411Fについては、更新工事出場後もひし形のパンタグラフを載せていたのに対して2405Fはシングルアームで出場しており、2連2000系では初の姿でありました。

そのような「初」の姿でしたので、随分と近代的な装いに感じたものです。

2020/6/19 2405F 所沢

西武2000系2両編成のパンタ、初期の更新車は「ひし形」だった

2413Fについては2007年頃、2411Fについては2009年頃、それぞれシングルアームのパンタグラフに載せ替えられています。

2000系更新の過渡期では、6連や8連も含めると様々な形態差があったように思います。2004年頃では以下のような感じだったでしょうか。

未更新 ひし形 幕(2031F、2033F、2417F、2419F…
更新済 ひし形 幕(2001F、2005F…
更新済 ひし形 LED(2411F、2413F、2003F、2007F…
更新済 シングル LED(2405F…
(だいぶ怪しい記憶です)

2005/11/9 #2413F - #2505F - #2523F 田無

参考までに2413Fひし形パンタグラフの姿です。

ちょっとだけ懐かしい話をしてしまえば、2027Fが車いすスペース付きで出てきたり2009Fや2023Fが6連の未更新で最後まで残っていたり。この頃の2000系には、そんな記憶があります。

今でこそ2027Fは3色LEDで、もう古い車のような印象さえありますが、当時は2027Fが目新しい、という理由で国分寺線に撮りに行った記憶があります。そういえば、2031Fが更新を受けて自動放送を付けてきた時も驚きましたね。

大人気の幕車2007Fも当時は3色LEDで、ごくフツーの2000系だった

2007/4/27 #2007F 久米川→所沢

今でこそ幕車として残る2007Fも、当時はLEDでした。
2007Fが幕に変更になったのは2016年1月のこと。

2008/3/10 #2001F 武蔵丘→東飯能

2001Fも、割と最近までは幕式でした。
2008年3月に旧幕で出場し、同年6月までには新幕へ交換、そして2008年内には2001FはLEDになっていましたので随分とコロコロ変わったような印象です。

2000系の何も表示されていない右側小窓の色について

2016/7/27 #2001F - #2457F 小平→萩山

2001FはLED化されても、右の小窓が白のままでした。
通常はLED化されると黒になるはずですが、これは現在でも見た目での特徴になっています。

2005Fについても向かって右の小窓が白色のまま運用されていましたが、2010年10月頃からLED車正当の黒に変更されています。

※2008年~2010年10月頃の記録では、”3色LED右小窓が白色の8両”で2001Fとは決めつけられないことになります。
※反面、2010年10月以降の記録では、”3色LED右小窓が白色の8両”で2001Fを特定することが出来ます。

2019/10/6 2007F 所沢→東村山

その逆が2007Fでして、幕ですが右の小窓は黒。
先にも紹介した通り、LED車で運用されていた時期があり、その名残となっています。

2013/7/2 #2403F 所沢

幕車つながりで2403Fも。
クモハ2403の車番がずれているのを、いつだかに発見しましたが、これは今も継続しているでしょうか。
車番のズレというと213Fを真っ先に思い起こしてしまいますが、それは、また別の話でした。

2015/3/16 小川 2000系車番不明 2403F

これも先に紹介したように、右の小窓の色に相違があります。
LEDから幕へ変更した2403F(右側)は、小窓がLED用の黒になっていますが幕のまま活躍を続ける左の2000系は白のままです。
どちらも幕の2000系ですが、面白いものです。

西武2000系のフルカラーLED化について

だいぶ話が脱線してきましたが…
最後にフルカラーLED化について触れてみます。

2016/10/9 #2405F - #2541F - #2409F 小平→花小金井

2014年9月頃からは行き先表示器のフルカラーLED化が進みました。

新2000系でのフルカラーLED化は、新宿線は2008年3月の2045Fから、池袋線は2013年10月の2089Fから、それぞれ進められていましたが、とうとう2000系にもフルカラーLEDが搭載されることになりました。

2019/7/12 西武球場前 #2413F - #2075F

2020年6月現在で、3色LEDを搭載している編成は
8連では2001F、2003F
6連では2027F
2連では2413F
となっています。

3色LEDから幕になった2009Fや、幕のままで廃車された編成も多くあり、
その差は、これも多岐に渡り掌握しきれていないのが正直なところです。

多摩湖駅へ改称のリリースも出たので幕の交換については、また一つ話題が出てきそうな昨今であります。

現状でも、かなりのバリエーションがあり、こうしてまとめる作業を進めるだけでも、なかなか骨の折れる作業です。

2017/7/19 #2419F 鷹の台

西武2000系のバリエーションについてまとめてみた感想

西武2000系の出場と、それぞれのバリエーションについて書きました。

当初は2405F出場の記事のはずが、どんどん脱線してしまいました。
色々なバリエーションのある2000系、眺めたり、撮ったり、楽しんで参りましょう。
ご覧くださいましてありがとうございました。


\応援のクリック・タップが励みになります/
PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 西武線へ

広告
広告
タイトルとURLをコピーしました