西武2000系2003F横瀬へ廃車回送

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

2021年4月27日、西武2000系 #2003F が、南入曽車両基地から横瀬車両基地へ回送されました。
9000系の4連化も一段落となり、2000系の廃車が再開されたような印象となります。

記事内では、高麗カーブを通過する2003Fの様子と共に、
これまでの西武2000系の廃車回送と、製造年次の違いによる小ネタを紹介します。


高麗~武蔵横手間の撮影地を通過する2000系2003F廃車回送

西武2000系2003F横瀬へ廃車回送
高麗→武蔵横手を走行する2003F

有名撮影地、高麗カーブを通過する横瀬行き2003Fの回送電車。
新緑の時期を迎え、緑の映える景色の中を通過します。

2000系8両編成の廃車は2017年1月の2005Fから、おおよそ4年ぶりとなります。

西武2000系2003F横瀬へ廃車回送
芝桜の臨時ダイヤのため日中も8連で運転( #4001F - #4013F

芝桜の臨時電車の絡みでしょうか。
当日の日中各停については、4000系8両編成で運転が行われています。

西武線アプリから確認する限りでは、4ドアの電車(新2000系・20000系・30000系)は飯能以遠に入線していませんでした。

西武2000系の廃車と、現状について

2015年度より開始された2000系の廃車ですが、2021年4月現在の概況をまとめてみます。
今回の2003F廃車を持って、6両9本、8両2本、計70両が廃車されています。

西武2000系の廃車状況

2015年度 6両5編成 30両

2023F(2015年10月)、2009F(2015年10月)、2013F(2015年11月)、2029F(2015年12月)、2025F(2015年12月)

田無事故に伴う編成組み換えのあった2023Fが廃車第1号として横瀬に回送されています。
2004年頃にかけて行われた(2031Fを含む代替新製グループを除く)特別修繕工事においては、2023Fは割と後期まで更新されずに残っていた印象のある編成でした。

2016年度 6両3編成 8両1編成 26両

2011F(2016年11月)、2005F(2017年1月)、2015F(2017年3月)、2019F(2017年3月)

8両編成に初の廃車編成(2005F)が発生します。

2017年度 0編成 0両

2017年度の西武2000系廃車はありませんでした。
この代わりか、9000系3編成が2017年度に廃車になっています。

2018年度 6両1編成 6両

2021F(2019年3月)

2年ぶりに廃車が再開しますが6両1本のみに留まっています。

2019年度 2020年度 0編成 0両

2019年度と2020年度については、2000系の廃車編成は発生しませんでした。

9000系の4両化に伴う車両運用が盛んな時期であり、これに伴う車両数確保だったのかもしれません。

※2017年度に続いて、9000系の廃車で2000系の廃車がいったん中断されたような格好でした。

2021年度 8両1編成 8両(4月現在)

2003F(2021年4月)

今回の2003Fの廃車回送を持って、またしても約2年ぶりに廃車が発生しました。
特筆されるのは、年度初めに横瀬へ廃車回送されている点です。
多くの廃車編成は、2000系に限らず年度の後半である下半期で回送されることが多い印象です。


西武2000系の編成表(2021年4月現在 52両)

西武2000系の8両編成 2編成16両

2001F、2007F

西武2000系の6両編成 3編成18両

2027F、2031F、2033F

西武2000系の2両編成 9編成18両

2401F、2403F、2405F、2407F、2409F、2411F、2413F、2417F、2419F

2015年9月までの西武2000系編成表

8両編成
2001F、2003F、2005F、2007F

6両編成
2009F、2011F、2013F、2015F、2019F、2021F、2023F、2025F、2027F、2029F、2031F、2033F

2両編成
2401F、2403F、2405F、2407F、2409F、2411F、2413F、2417F、2419F

行き先表示ごとにまとめる西武2000系

細かい形態差は多岐に渡る西武2000系ですが、ここでは装備する行き先表示器の種類ごとに分類してみます。

行き先表示がフルカラーLEDの西武2000系(シャッター速度1/400以下)

西武2000系2003F横瀬へ廃車回送
フルカラーLEDを装備する2000系( #2033F

2031F、2033F、2401F、2405F、2407F、2409F、2411F、2417F、2419F

行き先表示が3色LEDの西武2000系(シャッター速度1/125以下)

西武2000系2003F横瀬へ廃車回送
3色LEDを装備する2000系( #2023F

2001F、2023F、2413F

行き先表示が幕式の西武2000系(シャッター速度∞)

西武2000系2003F横瀬へ廃車回送
幕式表示器を装備する2000系( #2007F

2007F、2403F

編成の中での製造年次の違い

クモハ-クハの2両編成からなる一部の編成については、クモハの新製と既存車であるクハの組み換えによって組成された編成が存在します。

この為、2両編成の前後の車両で製造年次が異なる現象が発生します。
一例として、2413Fを取り上げてみます。

※2両編成以外にも組み換え編成は多数存在します

西武2000系2003F横瀬へ廃車回送
AK-3を床下に搭載していた頃の #2413F

登場当初、昭和50年代の2000系は新宿線に6両編成のみの配置であり、これを8両化するにあたって編成の組み換えが発生しました。
※2001F~2033Fの6両17編成のうち、2031Fと2033Fの編成を解除。

これにより、ねん出される中間モハ8両を2001F~2007Fに組み込んで、それぞれを8両編成としました。

2031Fと2033Fの余剰となるクハ4両についても組み換えが行われます。
時期を同じくして2両編成の新製もあり、一例として紹介したクハ2414については、初代2033F(昭和54年製造)の西武新宿方先頭車クハ2033を方向転換してクハ2414に改番されています。
※残る3両のクハについても、クハ2410・クハ2412・クハ2416(田無事故で廃車済み)へ組み換えが行われています。

  • 昭和58年に2413Fは新製されますが、新製されたのはクモハ2413号車のみであり、付随するクハ2414については初代クハ2033を改番した車両でした。
西武2000系2003F横瀬へ廃車回送
クモハ2413号車は昭和58年新製
西武2000系2003F横瀬へ廃車回送
クハ2414号車は昭和54年にクハ2033として新製

このように、編成の両端で製造年次が異なっています。

これら2000系の編成組み換えについては、6両から8両への組み換えと2両の新製、昭和61年の田無事故による廃車と組み換え、この事故による代替編成の新製…という複数の要素が絡んでいます。

分かりやすくこれらの変遷を追うことは、毎度頭を悩ませる西武2000系の歴史の一部となっています。

現存する2両編成や2001Fや2007Fなどでも、その痕跡を確認することが出来ますので、是非見てみてください。

まとめ:2003Fの廃車回送が運転された

  • 西武2000系8両編成の2003Fが横瀬に向けて廃車回送された
  • 西武2000系の廃車は2019年3月の2021F以来、約2年ぶりに運転された