6152F事故車飯能方4両、甲種輸送

武蔵丘出場時の記録はこちら
下松へ出発したのが2004年6月でした。
約3カ月を経て、修繕が完了し西武線に戻ってきた6152F。
床下には真新しい機器が並びます。
基地裏手には片パン上げの277F、その後ろに6152Fの片割れ。
脱線事故から間もなく1年、ようやく運用に復帰が出来そうです。

6152F事故車飯能方4両、甲種輸送 2004/9/5

仏子 E33-E34重単 9108F
小手指車両基地 277F
西所沢→小手指 E34-E33-6152F
片パン上げの277F
6452号車
下松発

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
34歳の電車好き。
西武線の撮り鉄歴は20年以上。東京生まれの埼玉県民。(西武沿線から離れられません)
なぜか既婚者、二児の父です。鉄道会社とバス会社で勤務経験アリ。ホームページ・ブログ運営は15年以上。西武線で団臨を走らせたことがあります。
詳細なプロフィールはこちら

Kindle Unlimitedの無料体験で鉄道雑誌が読み放題でした

Kindle Unlimitedは電子書籍のサブスクサービスですが、本登録の前にお試し期間を楽しむことが出来ます。
(Amazonアカウントですぐに登録可能)
西武の黄色い3扉車も、「Kindle Unlimited」の読み放題対象タイトルです。