6152F事故車飯能方4両、武蔵丘出場

西武線撮り鉄レポ
広告

2004年5月28日、西武6000系6152Fのうち飯能方4両が、E31形のPPで武蔵丘から小手指まで回送されました。

2003年9月16日に発生した大泉学園~保谷間での踏切事故では #6152F の下り電車がトラックと衝撃し脱線。
脱線事故後の6152Fは保谷車両基地に収容後、101系の牽引などで小手指車両基地に移動されています。

損傷の激しかった飯能方4両(6152~6452号車)については、日立製作所の下松工場で修繕実施が行われることとなり、小手指発下松行きとなる逆向きの甲種が実現しています。

その前段階、6152Fの飯能方4両については武蔵丘車両検修場での整備のため、小手指から武蔵丘をE31形のPP編成で回送されます。

今回紹介するのは、武蔵丘で整備を終えて小手指へ回送される模様となります。

この出場後、6月初旬に下松への甲種輸送を実施する運びとなりました。

運輸安全委員会(外部リンク)

広告

6152F事故車飯能方4両、武蔵丘出場 2004/5/28

飯能 指← #E34 -6452-6352-6252-6152- #E33 →飯
仏子 指←E34-6452-6352-6252-6152-E33→飯
飯能 1832レ
小手指
E31形検査表記
小手指 E33-6152


 関連記事
 この年代の記事をもっと見る
 この記事を読んだ方へのおすすめ


↓ブログランキングに参加しています↓
応援のクリック&タップを
是非よろしくお願いします​

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 西武線へ

広告
広告
タイトルとURLをコピーしました