263F 登場前後のヒストリー 前編

IMG_4428[1]
2007/11/13 255F回送 南入曽→武蔵丘

最近なにかと話題の263Fですが
そういえば、登場前後の車両の動きを
細かく把握しておらず、

IMG_4441[1]
2007/11/13 255F回送 南入曽→武蔵丘

そもそも263Fの編成は
279F2両編成と、255Fの中間モハ2両から再組成されています。
車番の新旧比較は以下の通りとなります。

現車番:[263]-[264]-[265]-[266] 旧車番:[279]-[256]-[255]-[280]

※元となった編成は279Fと255F

279F:[クモハ279]-[クモハ280] 255F:[クハ1255]-[モハ255]-[モハ256]-[クハ1256]

※余剰となるクハ1255とクハ1256は廃車

IMG_4447[1]
2007/11/13 255F回送 南入曽→武蔵丘

263F組成の為に、2つの編成が本線での活躍を終えて、
各種回送が実施されています。
上に3枚ほど紹介した模様は、255Fの回送の記録となります。
263F絡みの動きでは、初の動きであったかと記憶しています。
当時はE31形電気機関車は現役ながらも
その後についての話がちらほらと出始めていた頃でした。

IMG_4547[1]
2007/11/15 255Fクハ廃車回送 武蔵丘→横瀬

255Fの回送から2日後、中間モハは武蔵丘でそのままに
クハ1255とクハ1256の廃車回送が実施されます。
この回送の組成も、なかなか奇妙な方式で
飯能方を281F、横瀬方を279Fでサンドした編成での運転となりました。

武蔵丘→[281]-[282]+[1255]-[1256]+[279]-[280]→横瀬

IMG_4557[1]

前述した通り、横瀬までの回送の先頭を務めた279Fは
263Fのクモハ263とクモハ266となる車両でして
この回送後、そのまま武蔵丘に入場しています。

IMG_4570[1]

横瀬に2-2-2と聞くと、今でこそ思い返してしまいますが
引退イベント時の組成が思い起こされます。

IMG_4580[1]

この角度から見ると、中間の2両にパンタも何もなく
クハ同士の連結であることが、よく分かります。

IMG_4591[1]

281Fをピット脇に逃がして、
279Fの推進でクハを押し込んでいます。

IMG_4598[1]

写真にも写っている通り、E31形は横瀬にて
E32号機とE33号機が留置されており、
果て一体、何故機関車での牽引でなかったのか、いまだに謎のままです。
当日前後は特に甲種輸送もなく
数日後に小手指工臨は運転されるものの、
機関車のやりくりがひっ迫している状況にはありませんでした。

IMG_4725[1]

それこそ思い返してみれば9000系のV化改造も
当初は武蔵丘→小手指の回送は新101系のサンドイッチでの出場でした。
きっと何かあるのでしょうけど、
今となっては、果たしてその理由を知る術もなく…

IMG_4768[1]
2007/11/15 279F-281F回送 横瀬→武蔵丘

PPを務めた両編成は、当日のうちに武蔵丘まで回送されました。
くどいようですが、279Fはこの回送を持って武蔵丘に入場。
モハ255-256と共に、263Fへの組成に向けての作業が実施されることになります。
263Fの武蔵丘出場は約4か月後の、2008/3/26でした。
次回の記事では、出場の様子や、
それ以降の牽引試験の動きを紹介したいと思います。

Follow me!

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
20年以上に渡り、西武鉄道の写真を趣味で撮影する東京生まれの埼玉県民。
西武線の撮影実績(写真在庫)は10万枚以上。
ホームページ・ブログ運営は15年以上。
子どもと電車を眺めているのが最近の専らです。詳細なプロフィールはこちら