【一橋学園折り返し】多摩湖線の臨時回送【国分寺ホームドア】

2021年3月7日終電後、西武9000系9108Fが、萩山駅から多摩湖線国分寺駅へ回送されました。
これは、多摩湖線の国分寺駅7番ホームに設置されたホームドアの機能確認の為の回送であり、国分寺駅到着場面では停車位置を微調整しながら何度も前後に動く様子が見られました。
一連の流れの中で9108Fは、国分寺駅と一橋学園のひと駅間を数往復しています。

記事内では、一橋学園駅で折り返す回送電車の様子を中心に紹介します。

萩山駅3番ホームに着発する回送電車9108F

多摩湖線の終電後、萩山駅から国分寺駅へ臨時回送電車が運転されました。
充当したのは西武9000系の中でも1番目に4連化された9108Fでした。

萩山駅のポイントを渡って、国分寺へ向かう9108Fの回送電車。

多摩湖南線では、定期電車で回送電車が存在していません。
このため、一見すると日常の一コマですが、実は珍しいシーンです。

一橋学園の発車案内には「回送」の文字

国分寺駅のホームドア機能確認では、一橋学園と国分寺の間を回送電車が何度も往復する姿が見られました。
そのため、一橋学園駅の発車案内にはめったに表示されることのない「回送」の表示が複数表示されていました。

一橋学園2番ホームに逆進入する西武9000系

2013年3月改正までは、朝間ラッシュ時のみ国分寺始発一橋学園行きと、一橋学園始発国分寺行きが運転されていました。
こちらの電車は一橋学園2番ホームに着発していたため、このたびの回送電車では実に8年ぶりと思われる逆進入の光景を見ることが出来ました。

並んだ回送表示と、国分寺に向けて走り去る9108Fの回送電車。

下り電車に対する一橋学園駅の場内信号機

一橋学園駅の場内信号機についても、久々に2番ホーム側が開通したのではないでしょうか。
長らく赤色の停止信号であった信号機に、今晩限りは黄色の注意信号が現示されています。

廃駅の桜堤駅付近を走る国分寺行き回送電車



一橋学園2番ホームに着発する多摩湖線の回送電車

普段はやってこない回送電車と一橋学園の駅名版を1枚に収めます。

国分寺駅7番線ではホームドアの機能確認を実施

間近に迫ったホームドアの供用開始に、着々と準備は進められている様子でした。

国分寺駅では、停車位置を微調整しながら確認を行う様子が見られました。
深夜3時過ぎにまで及ぶ作業でしたが、多くの方が従事する姿がありました。

役目を終え、萩山へ回送される9108F

3時20分頃、一連の確認を終えて9108Fは国分寺駅から萩山へ回送されています。

国分寺駅7番ホームのホームドアは、ダイヤ改正前日の2021年3月12日より使用開始となりました。

動画で視聴する:【一橋学園折り返し】終電後の臨時回送

西武線にもっと詳しくなる

【無料体験アリ】Kindleの雑誌読み放題

30日間無料で体験できるKindle Unlimitedでは、鉄道に関する書籍も読み放題でした。

無料体験中は、いつでも解約が可能なので安心して読むことが出来ます。
Kindle Unlimitedの無料体験はこちらから

鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車

西武3ドアの歴史を網羅的に紹介する書籍です。巻末の資料も図を用いて見やすく構成されています。

こちらの書籍は、2021年6月現在、Kindle Unlimitedの無料体験で読むことが出来ます。
手軽に数回のタップだけで、すぐに本を読むことが出来ますよ。

「西武の黄色い3扉車」のレビュー記事を読む

季刊Jトレイン73号【E31形設計開発と運転の舞台裏】

E31形のハンドルを握られた西武OBの方々の当時の話を覗き見ることが出来ます。

「季刊Jトレイン73号」のレビューを読む

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
34歳の電車好き。
西武線の撮り鉄歴は20年以上。東京生まれの埼玉県民。(西武沿線から離れられません)
なぜか既婚者、二児の父です。鉄道会社とバス会社で勤務経験アリ。ホームページ・ブログ運営は15年以上。西武線で団臨を走らせたことがあります。
詳細なプロフィールはこちら

ここだけの話、西武線の本が無料で読めます

西武の黄色い3扉車を無料で全ページ読むことが出来る裏ワザです。
Kindle Unlimitedは電子書籍のサブスクサービスですが、本登録の前のお試し期間はノーリスク。損をしない賢い選択です。
(Amazonアカウントですぐに登録可能です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。