西武の牽引車263F こうして生まれ変わりました 後編

Rail Log(西武線撮影ブログ)をご覧いただきありがとうございます。
こちらは西武線の電車情報をお届けするブログです。
検索 記事一覧 Twitter

2008年3月、E31形電気機関車に代わる新たな牽引用車両として、新101系を改造した263Fが登場しました。

それまでの牽引専用の機関車から変わって、通勤電車と兼用となる263Fの登場は大きな話題となりました。

早いものでデビューから10年以上が経過した263F、当時の記憶も遠くなりつつある昨今、今一度263Fの動静を振り返ってみます。

  • 2つの編成をどのように組み替えたのか
  • 牽引車としてのデビューまでどのような道のりがあったのか

このような疑問を解決するような内容といたしました。
※当時はまだ鉄道ファンでは無かった方にも、時系列で無理なく追えるような記事構成としております。

西武の牽引車263F こうして生まれ変わりました 前編
西武の牽引車263F こうして生まれ変わりました 中編
西武の牽引車263F こうして生まれ変わりました 後編

こちらの後編では中編の続きとして、初の甲種輸送に臨む2010年前後の車両運用を紹介します。

263Fの概要については前編の冒頭で紹介していますので、そちらからご覧ください。



2010/2/15 263F不定期回送 南入曽→小手指

初の甲種に備えて小手指車両基地へ入庫する263F

登場から約2年を迎えた #263F でしたが、ついに動きが出始めました。

2003年以降、中央線高架化(武蔵境駅渡り線使用不可)により多摩川線の車両交換は中断されていましたが、2009年12月の高架化完了と渡り線の使用再開により多摩川線の車両交換が再開される運びとなりました。

当時の時系列を簡潔に箇条書きにしつつ、当時の心象を振り返ります。

  • 2008/3 263F出場(E31形は検査を受けずに廃車っぽい)
  • 2009/5 20000系牽引試運転開始(約1年経ったけど、いよいよ始まりそう)
  • 2009/7 2077F牽引試運転(あれ、デビューしないの?まだ試運転?)
  • 2009/8 E32号機検査実施、単機試運転(!?!?!?)
  • 2009/9 E34号機検査実施、単機試運転(263Fデビューはしばらく先か??)
  • 2010/2 247F牽引試運転(流石にもうデビューしそうな雰囲気???)
  • 2010/3 247F・217F交換の多摩川線甲種で263F牽引デビュー(やっとデビューできました)
  • 2010/3 E31形電気機関車、廃車(おつかれさまでした)

263Fの試運転は順を追って進められているところでしたが、出場から1年半後の2009年9月にかけてE31形電気機関車の検査が実施され、単機試運転が運転されています。

しかし、E31形は検査の半年後には廃車され全機が引退しています。
置き換え対象であるE31形が検査を通過しながら約半年で廃車されたことも勿論、牽引車デビューまで2年を要している状況を鑑みると、263Fの車両運用は当初の予定より遅れていたのかもしれません。



余談ですが、上で紹介した小手指駅に停車する263Fの自連の姿は、いま見てみると日常的な写真です。

しかし、この日の記録は、この1枚のみでした。
わざわざこの1枚の為に駅まで…!?と思ってしまいますが、当時はそれほどの珍しい姿だったことを思い出します。

本当に何気ない日常の写真ですが、いよいよ263Fが動き出すワクワク感?のようなものを感じ取っていただければと思います。

2010/2/23 E31形-247F-263Fで組成される試運転編成

小手指車両基地内で見られた赤白黄色のカラフルな編成

先に紹介した263Fの小手指送り込みは2月15日の運転でしたが、多摩川線甲種の設定は3月6日でした。

約3週間前の送り込みとなっており、流石に気が早いのでは?と思うところです。

(そもそも”甲種の為に263Fを送り込む”こと自体が初めてだったので、当時はあまり違和感はありませんでした。)

E31形が西武線内で全パンを上げるのは近年では非常に珍しい

それもそのはずで、この3週間の特定日の日中において、JR連絡線で試運転が行われています。

(カラフルな編成が走行する貴重なシーンでしたが、記録できずに終えてしまいました。)

こちらも時系列で振り返ると、下記のような流れとなります。

  • 2/15 263F小手指車両基地送り込み
  • 2/23 「E31形-247F」で南入曽→小手指の送り込み
  • 2/26・27 所沢~新秋津にてJR連絡線を試運転
  • 3/6 本線→多摩川線へ247F甲種(263F牽引)
  • 3/7 多摩川線→本線へ217F甲種(263F牽引)
  • 3/28 E31形さよならイベント

動き始めてしまえば呆気ないもので、当月下旬にはE31形の引退イベントが実施され、全機が廃車されます。

これにより、牽引車としての263Fが、いよいよ活躍を始めることとなります。

2010/3/6・7 多摩川線車両交換 甲種輸送(263F甲種初牽引)

初の甲種担当となった263F、被牽引車両は101系低運車の #217F

2010年3月、263F牽引による甲種輸送がはじめて運転されました。

2日に渡って行われたJR連絡線の試運転についても無事終えたようで、本当に長かった2年を経まして、満を持しての甲種デビューとなりました。

3/6に247Fを新秋津まで送り届け、翌3/7には217Fを小手指まで牽引しています。
101系と新101系のデコボコした連結面は2004年以来、約6年ぶりに見られた姿でした。



この輸送を皮切りに、263Fは多摩湖線運用(2021年1月まで)と狭山線運用(2021年2月以降)の傍ら甲種輸送の牽引役を担い続けています。

30000系甲種輸送、新2000系東急車輌入場、40000系、001系甲種輸送…9000系4両化等、多くの西武電車と連結する姿がこれまでに見られました。

#38109F の甲種輸送(2010/6/27)

30000系甲種輸送は、牽引車両交代の過渡期にあったため、以下のように西武線内の甲種輸送が運転されています。

  • E31形牽引:38101F~38107F、32101F~32103F
  • 263F牽引:38108F~38118F、32104F~32106F、30101F~30106F

#2071F の甲種輸送(2010/7/24)

新2000系のバリアフリー更新もE31形の印象が強いのですが、晩年の数編成は263Fが牽引しています。
「新2000系顔」の甲種となると、どうしても9000系V化甲種を思い出してしまいますが、こちらは全てE31形が牽いています。

2019年から2021年にかけては、多摩湖線用に4両化された9000系の牽引役を務める姿も見られました。

9000系輸送の為の送り込み(2021/3/2)
黄色と赤の8両編成(2020/12/10)


牽引車としてのデビューから10年以上が経過した263Fですが、そろそろ後継の車両も気になってくる頃合いになってきました。

元となる279Fは1982年12月製造、255Fは1980年6月製造と、2021年現在で登場から約40年の月日が経過しています。

新しいELの導入を熱望するところですが、263Fと同様に電車兼用が大本命でしょうか、小田急方式でJR電機乗り入れも趣味的には期待してしまいます。



以上、西武の牽引車263Fについての紹介でした。


Rail Logを最後までご覧くださりありがとうございます!
こちらの記事もおススメです。ご一緒にいかがですか?

 この年代の記事をもっと見る

 気になる記事をチェックする
 おすすめ記事をもっと見る
 Rail Logの最新記事をチェックする

Rail Logの感想を教えて下さい

結果を見る

Loading ... Loading ...


↓ブログランキングに参加しています↓
応援のクリック&タップを
是非よろしくお願いします​

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 西武線へ