2020/8/18 9102F 横瀬へ回送

西武鉄道の9000系9102Fが、小手指から横瀬へ回送されました。
9108Fや9105Fと同様、4両化に伴う動きと見られます。

2020/8/18 9000系9102Fが小手指から横瀬へ回送

当日の様子を各駅で見てまいりましたので紹介します。

吾野駅での様子

吾野駅に到着する9102F

お昼過ぎの吾野駅に到着する9102F。
吾野駅ではホームの無い側線に到着しています。
上りと下りの普通電車交換を見届けてからの発車となりました。

9102Fは屋根上にベンチレータを載せている編成であり
その去就については、雲行きが怪しいかと思われましたが
この回送によって、4両化で延命される流れが出てきました。

芦ヶ久保駅での様子

芦ヶ久保駅に到着する9102F

芦ヶ久保駅でも側線に到着しています。

40000系「S-TRAIN」導入により、
西武秩父線内でも10両運行が日常的に見られるようになったので
秩父方面への10両入線は珍しい光景でもないのですが
それでも黄色の10両編成となると、分かっていても魅力的に映えます。

9102号車側から
9602号車から9002号車
9502号車から9102号車

9000系では9101Fと9102Fのみ、連結器周りのスカートの造形に差異がありました。
9101Fと9102Fでは、電連が取り付けられそうなスペースを残したスカートでしたが
9103F以降は、電連無しでジャストサイズのものに改められています。
(新2000系や2000系などと、同じものだったのでしょうか?)

9000系の4連化にあたっては、
1号車2号車と、9号車10号車を用いて組成されます。

中間3号車から8号車の6両については廃車されるのが通例となっており
今回の9102Fについても、同様の動きをするものと思われます。

横瀬駅での様子

留置が続く10000系と顔を並べた9102F

横瀬では11番まで自走の後、パンタ下げ。
アントで飯能方へ引き上げ後は、西武秩父方の9002号車にD16が連結。
回送到着から、程なくして入れ換えが開始されていました。

番外 横瀬の10000系

廃車回送後、長らく横瀬にて留置の続く10000系の姿を見る事も出来ました。
組成については、各所で既報の通りですが

飯能←10106-10206-10606-10102→西武秩父

となっており、10102号車については方向転換がされています。

車内には、甲種輸送で使用されるブレーキ装置が、
一部座席を撤去した上で載せられているよう見受けられました。

まとめ

  • 9000系9102Fが横瀬に回送され、営業運行に就いている10両編成の9000系は、9103Fと9104Fの2編成となりました。
  • 横瀬での入れ換えからも、4両化に向けての動きと見られます。
  • 横瀬の10000系は、相変わらず留置が続いています。室内にはブレーキ用の装置が載せられているようです。


9000系、2020年8月18日現在の概況

  • 9101F…廃車
  • 9102F…本日、横瀬へ回送
  • 9103F…本線運用中(RED LUCKY TRAIN)
  • 9104F…本線運用中
  • 9105F…4両化の上、武蔵丘へ回送済み
  • 9106F…廃車
  • 9107F…廃車
  • 9108F…4両化、武蔵丘を出場し南入曽留置(レジェンドブルー塗装)

以上、ご覧くださりありがとうございました。


Follow me!

この記事を書いた人

SSK
SSK【101系低運転台車とE31形電気機関車に情熱の全てを】
20年以上に渡り、西武鉄道の写真を趣味で撮影する東京生まれの埼玉県民。
子どもと電車を眺めているのが最近の専らです。詳細なプロフィールはこちら