2020/10/28終電後 東京メトロ17000系17102F 西武線内試運転

10月22日の終電後に、はじめて西武線に足を踏み入れた東京メトロ17000系でしたが
各線への試運転をする様子はなく、小手指車両基地での留置が続いていました。



東京メトロ17000系17102F 西武線内試運転

撮影地:西武池袋線 所沢→西所沢

東京メトロ17102F試運転電車

ようやく西武線内での試運転を始めたメトロ17000系。
当日は、終電後に西武池袋線上り方面への試運転を1往復こなしています。

背後は新設された所沢駅の展望デッキとなっており
2020年の西武線を象徴する駅と、新型電車の組み合わせとなりました。


所沢駅の通過は通常の速度であったように思いますが
通過後は速度を落として走行しており、
新宿線を跨ぐカーブの走行時は、徐行といってもいいほどの速度で遠ざかっていきました。

東京メトロ17000系17102F 西武線内試運転のまとめ

  • 東京メトロ17000系が西武池袋線池袋方面へ試運転を行った
  • 復路の所沢駅通過は、午前3時半頃だった
  • 試運転電車運転後の17102Fは、引き続き小手指車両基地で留置が続いている

東京西北部から埼玉西南部にかけて、日本の大手私鉄としては5番目に長い路線網をもつ西武鉄道。その歩みは川越鉄道の開業から武蔵野鉄道の開業、旧西武鉄道の成立に多摩鉄道の買収合併、多摩湖をめぐる鉄道の盛衰を経るなど複雑多岐にわたる路線の変遷がありました。本書ではそれら西武の一時代を築いた名車両を池袋線・新宿線を中心にご紹介します。(2020/11/20発売)
秩父線を活性化させるため、「52席の至福」というレストラン電車を導入するだけでなく、自社の看板列車となるニューレッドアローの置き換えとして、新型特急「Laview」を導入するなど、行楽需要の取り込みを模索するようになった西武鉄道。首都圏という巨大な通勤・通学需要が見込める環境にはあるが、秩父観光や西武ドーム・西武園遊園地などへの行楽客の輸送にも取り組む西武鉄道の事例を取り上げ、今後の鉄道会社の経営の在り方を考える!!(2020/12/7発売)

使用した機材


関連記事

Follow me!

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
20年以上に渡り、西武鉄道の写真を趣味で撮影する東京生まれの埼玉県民。
西武線の撮影実績(写真在庫)は10万枚以上。
ホームページ・ブログ運営は15年以上。
子どもと電車を眺めているのが最近の専らです。詳細なプロフィールはこちら