2020/10/22終電後 東京メトロ17000系17102F試運転【西武池袋線初入線】

東京メトロ17000系が、西武線に初めて入線しました、
小竹向原から練馬を経由して、小手指までの試運転電車として運転されています。

東京メトロ17000系17102F試運転【西武池袋線初入線】

撮影地:所沢→西所沢

東京メトロ17000系試運転電車 17102F 所沢→西所沢

終電後の西武池袋線を下る東京メトロ17000系電車。
所沢付近は午前3時頃の通過でした。

撮影地:小手指車両基地

小手指に到着したメトロ17000系
西武の黄色い電車とも初顔合わせ

17000系は小手指駅に到着後は、隣接する小手指車両基地に入庫しており
沿道から、その姿を見ることも出来ました。

東京メトロ17000系について

「沿線のお客様に末永く親しまれる快適な車両」を目指して製造された、東京メトロ有楽町線・副都心線向けの新型車両です。

17000系の営業開始は2021年2月からの予定

営業開始は2021年の2月からとしており、暫くは各線での試運転が続く様子です。

編成数については、2021年4月までに10両編成6本の導入と、2022年度までに8両編成15本を導入する模様です。
これにより、既存の7000系を置き換える予定としています。

17000系はグッドデザイン賞を受賞

東京メトロ17000系は、2020年10月1日にグッドデザイン賞を受賞しています。



17000系の西武線内での試運転や乗務員訓練について

これまでの東急5050系などの動きを踏まえると、
まずは各線区(地下鉄車の乗り入れ範囲内)において、深夜の試運転を実施するのではないでしょうか。

その後に所沢~飯能などの区間を日中に往復する乗務員訓練が始まり、2021年2月の営業開始を迎えるものと思われます。

17000系の前面LED シャッター速度について

17000系の前面LEDは、どこまで高速シャッターに耐えられるのでしょうか。
小手指車両基地に到着した17102Fで試し撮りをしてみました。

17000系の前面LED シャッター速度ごとの画像比較

1/400
1/1000
1/1250

シャッター速度ごとの画像比較は上記の通りとなりました。
1/1000までは、表示が切れることなくキレイに写し止めることが出来そうです。

  • 17000系の前面LEDは 「1/1000」 までであればキレイに写し止めることが出来る!


東京メトロ17000系17102F試運転【西武池袋線初入線】のまとめ

  • 東京メトロ17000系17002Fが西武池袋線を試運転電車として走行した
  • 小竹向原から練馬を経由して、小手指までの運転だった
  • 運行番号は80S、「試運転」表記での運転だった
  • 小手指駅到着後は、小手指車両基地に入庫する様子が見られた

東京西北部から埼玉西南部にかけて、日本の大手私鉄としては5番目に長い路線網をもつ西武鉄道。その歩みは川越鉄道の開業から武蔵野鉄道の開業、旧西武鉄道の成立に多摩鉄道の買収合併、多摩湖をめぐる鉄道の盛衰を経るなど複雑多岐にわたる路線の変遷がありました。本書ではそれら西武の一時代を築いた名車両を池袋線・新宿線を中心にご紹介します。(2020/11/20発売)
秩父線を活性化させるため、「52席の至福」というレストラン電車を導入するだけでなく、自社の看板列車となるニューレッドアローの置き換えとして、新型特急「Laview」を導入するなど、行楽需要の取り込みを模索するようになった西武鉄道。首都圏という巨大な通勤・通学需要が見込める環境にはあるが、秩父観光や西武ドーム・西武園遊園地などへの行楽客の輸送にも取り組む西武鉄道の事例を取り上げ、今後の鉄道会社の経営の在り方を考える!!(2020/12/7発売)

使用した機材

Follow me!

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
20年以上に渡り、西武鉄道の写真を趣味で撮影する東京生まれの埼玉県民。
西武線の撮影実績(写真在庫)は10万枚以上。
ホームページ・ブログ運営は15年以上。
子どもと電車を眺めているのが最近の専らです。詳細なプロフィールはこちら