西武新2000系 2501F 廃車回送

西武線撮り鉄レポ
広告

2022年7月26日に、新2000系4両編成のトップナンバー2501Fが横瀬車両基地へ廃車回送された

2022年度の西武鉄道は、30両の新車導入と、70両の廃車を予定している

廃車される車両は、2000系と新2000系が大部分を占めるものと思われる

2501Fが先頭の急行西武秩父行き(2015.5.2 2501F-2503F)
2501Fが先頭の急行西武秩父行き(2015.5.2 2501F-2503F)

↓この記事を書いた人

SSK
SSK

こんにちは。
西武専門の鉄道マニアです。
趣味:西武線の写真をブログにまとめること

広告

新2000系の廃車回送が高麗カーブを通過(インカーブから撮影)

西武新2000系 2501F 廃車回送
高麗カーブはインからもアウトからも撮影可能な万能撮影地

2022年7月26日、2501Fが横瀬へ廃車回送されました。

2501Fは、新2000系4両編成の中でもトップナンバーの編成。

1988年3月の竣工以来、長らく新宿線で活躍した編成であり、最後の運用も新宿線系統でした。

しかし、2010年8月から2021年3月にかけては池袋線系統で運用された実績があります。

  • 2010.8 2501F新宿線→池袋線
    ※転属後の2501Fは、その殆どが狭山線の区間運用
    ※2503Fとペアを組んで本線運用の実績も多数アリ
    ※2501F転属の代わりに、245Fが池袋線→新宿線へ転属(2011.2にワンマン化)

2021年3月には、多摩湖線9000系投入に伴う新101系ワンマン車の転属が発生。(多摩湖線→狭山線)

これの玉突きで、ほぼ狭山線専属であった2501Fにも動きが出ます。

多摩湖線9000系投入

多摩湖線のワンマン新101系を狭山線へ

狭山線で運用していた2501Fを新宿線へ転属

このような流れで、新宿線→池袋線→新宿線と渡り歩いた2501F。

新2000系4両編成の中でも、池袋線で活躍した数少ない編成でした。

横瀬に到着した新2000系2501Fの廃車回送

西武新2000系 2501F 廃車回送
新2000系の歴史の始まりは2501Fから

2501Fの廃車回送は、横瀬到着後に入換を行い、4両全車両が無架線地帯へ押し込まれています。

001-B1Fと顔を並べる2501F
001-B1Fと顔を並べる2501F

2501Fの廃車回送により、今年度の廃車は26両目となりました。

2022年7月現在、新車導入は40158F10両1本のみにとどまっており、車両数減少のペースが速くなっている印象です。

2501Fの廃車回送についてまとめてみた感想

2501Fの廃車回送について書きました。

  • 2022年7月26日に新2000系4両編成トップナンバーの2501Fが廃車回送された
  • 2501Fは池袋線で運用された歴史もある
  • 2022年度の廃車は既に26両となり、ペースが加速している


ということが分かりました。


\応援のクリック・タップが励みになります/
PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 西武線へ

広告
広告
タイトルとURLをコピーしました