2020/8/27 9102F4両、263F牽引で武蔵丘へ

横瀬へ回送されていた9102Fが
4連になって、武蔵丘まで回送されました。

牽引役は263Fが務めています。

2020/8/27 9102F4両、263F牽引で武蔵丘へ

9102F-263F 横瀬

9108Fや9105Fと同様に、9102Fが4連化されました。
9000系の4連化は、これで3本目になります。

横瀬にて中間6両を抜き取っており、
横瀬から武蔵丘までを263Fの牽引で回送されています。

東吾野~武蔵横手 263F-9102F

何度か撮影する機会もありましたが
連結面の流し撮りにこだわるあまり、失敗を量産してしまいました。

ようやく、こちらの撮影地で、なんとか記録できました。

263F 横瀬へ回送

武蔵横手→東吾野 263F

9102Fの輸送を終えた後、
263Fは再び横瀬に向けて回送されています。

吾野 263F

吾野では少々の停車がありました。
263Fは、同日中に横瀬から武蔵丘を1往復したことになります。

まとめ

  • 9000系9102Fが4連化され、武蔵丘まで回送された
  • 横瀬から武蔵丘までは263Fが牽引役を務めた
  • 263Fは同日中に、再び横瀬まで回送されている

関連記事

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
34歳の電車好き。
西武線の撮り鉄歴は20年以上。東京生まれの埼玉県民。(西武沿線から離れられません)
なぜか既婚者、二児の父です。鉄道会社とバス会社で勤務経験アリ。ホームページ・ブログ運営は15年以上。西武線で団臨を走らせたことがあります。
詳細なプロフィールはこちら

Kindle Unlimitedの無料体験で鉄道雑誌が読み放題でした

Kindle Unlimitedは電子書籍のサブスクサービスですが、本登録の前にお試し期間を楽しむことが出来ます。
(Amazonアカウントですぐに登録可能)
西武の黄色い3扉車も、「Kindle Unlimited」の読み放題対象タイトルです。

「2020/8/27 9102F4両、263F牽引で武蔵丘へ」への2件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。