9108F4両、263F牽引で武蔵丘へ

IMG_8843r[1]

2017年度に9106F、9107F、9101Fと、
相次いで廃車が発生した9000系でしたが
ここにきて9108Fが4両化して武蔵丘に回送されました。

2019/10/24実施


IMG_8801[1]

2019/10/24 263F-9108F4連 横瀬
この前週までに、
9108Fが10両で武蔵丘→横瀬を回送されたり
263Fが単独で横瀬まで向かうなどの動きがありました。
9108Fについては、2019年春を過ぎてからその姿を見かける機会はなく
数か月に渡り、武蔵丘に留置が続いている状態でした。

IMG_8803[1]

2019/10/24 263F-9108F4連 横瀬

怪しい動きが連続する中で運転された8両編成の回送電車。
今回の9108Fの組成は、下記の通りです。

10両組成時
[9108][9208][9308][9408][9508][9608][9708][9808][9908][9008] ↓
4両化
[9108][9208][9908][9008] ↓
回送時の組成
武蔵丘←[263][264][265][266]+[9108][9208][9908][9008]←横瀬

中間6両については廃車となっています。

IMG_8802[1]

2019/10/24 263F-9108F4連 横瀬
横瀬について目についたのは、この簡易的な前照灯でした。
法令等々詳しくはありませんが、
わざわざ設置したことを鑑みるに、きっと必要な設備だったのでしょう。
後ほどの、武蔵丘の入れ替え時に使用することになります。

IMG_8811r[1]

2019/10/24 263F-9108F4連 横瀬→芦ヶ久保
当日は冴えない天気でした。
アレコレ考えもしたのですが、横瀬出発直後のストレートにて。

IMG_8826r[1]
2019/10/24 263F-9108F4連 吾野→東吾野

さて、吾野で追い抜くことが出来たのでもう一発。
西吾野進入や高麗進入あたりも頭にはあったのですが
牽引する263Fが4両というのが、どうしても写真で写すとネックになります。
編成で写そうとすると牽引される側が目立たなくなってしまい
これは甲種輸送でも一緒なのですが、悩ましいものです。

IMG_8831r[2]
2019/10/24 263F-9108F4連 吾野→東吾野

折角ですので、思い切りズームで寄ってみました。
引っぱられてる感は出たかなと思います。

IMG_8849[1]
2019/10/24 263F-9108F4連 武蔵丘

武蔵丘到着後は入れ替えを経て、研修場方面へ。

IMG_8850[1]
2019/10/24 263F-9108F4連 横瀬

冒頭に紹介した前照灯を使用している姿です。

回送から1か月半が経過した2019年12月現在ですが、
未だ、特段目立った動きはありません。

2019年12月現在の9000系は以下の4編成が
10両編成で池袋線の運用に就いています。
9102F、9103F(RED LUCKY TRAIN)、9104F、9105F

2017年度の廃車は、VVVF化改造の順番に廃車(6→7→1)となっているので
順当に流れれば、「4→5→2→3→8」と落ちるのかと
そう考えておりましたが、なかなかそういうわけでもなさそうです。
はたまた、そういうつもりだったのが計画の変更なのか
現状では判断しかねるところであります。

牽引した263Fについては、以下の記事もよろしければご覧ください。

263F 登場前後のヒストリー 前編
263F 登場前後のヒストリー 中編
263F 登場前後のヒストリー 後編

Follow me!

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
20年以上に渡り、西武鉄道の写真を趣味で撮影する東京生まれの埼玉県民。
西武線の撮影実績(写真在庫)は10万枚以上。
ホームページ・ブログ運営は15年以上。
子どもと電車を眺めているのが最近の専らです。詳細なプロフィールはこちら