【西武線内日中走行】245F西武多摩川線甲種輸送【その理由と仮説】

2021年1月23日、ワンマン新101系の245Fが263Fの牽引によって小手指から新秋津へ回送されました。
西武多摩川線向けの甲種輸送は、通例であれば「小手指から所沢」は深夜に運転されます。
しかしながら、今回の輸送では小手指から所沢を日中に走行したことが特筆される点です。

記事内では、いつもとは違った動きを見せた要因について、仮説も合わせて紹介します。

【撮影地:西所沢~所沢】西武多摩川線甲種輸送【263F+245F】

【西武線内日中走行】西武多摩川線甲種輸送【263F+245F】
多摩川線甲種、白昼堂々の本線走行

あいにくの天気ではありましたが、日中の西武池袋線を回送される多摩川線の甲種輸送。
これまでの輸送では、所沢から西側において明るい時間帯の走行シーンはなかなか見ることは出来ませんでした。

西武多摩川線の甲種輸送は、通例であれば以下のような流れで運転されます。

西武多摩川線甲種輸送の往路の流れ
  • 金曜日深夜 → 小手指→所沢(所沢夜間停泊)
  • 土曜日お昼 → 所沢→新秋津

しかし、今回の多摩川線甲種では、小手指から新秋津までの全区間を土曜日のお昼に走行しています。
つまり、所沢6番線での夜間停泊がありませんでした。

    いつもとは違った運転形態となった今回の多摩川線甲種。
    その要因となったものは何だったのでしょう?


なぜ西武多摩川線の甲種輸送が日中に運転されたのか?【仮説】

なぜ通例とは違った動きを見せたのか、推定される仮説を紹介します。

メトロ17000系のハンドル訓練が行われている為

【西武線内日中走行】西武多摩川線甲種輸送【263F+245F】メトロ17000系ハンドル訓練
土曜日も運転された17000系のハンドル訓練

263Fの牽引する甲種輸送が通過する概ね1時間前には、メトロ17000系のハンドル訓練列車が撮影地を通過しました。
このハンドル訓練については、2021年1月20日から行われているところです。

17000系西武線内ハンドル訓練【2021/1/20】 | Rail Log

2021年1月20日、東京メトロ17000系17102Fが、西武池袋線にてハンドル訓練と思われる試運転を行いました。当該の試運転は所沢~飯能の区間で行われています。通例であれば、暫くの期間は同様の姿を見かけることが出来ます。

ハンドル訓練列車は所沢から飯能間を往復する行路が組まれています。
所沢ではホームのない6番線に着発し、折り返す姿を見ることが出来ます。
ところが、多摩川線甲種輸送の列車が所沢で停泊を行うのも「所沢6番線」です。

  • 普段はあまり使われることのない所沢6番線ですが、この日の午前に限っては「多摩川線甲種輸送」と「17000系ハンドル訓練」の、2つの列車が輻輳する事態となったのでした。


甲種輸送当日、17000系は所沢6番線から4番線に着発線変更?

【西武線内日中走行】西武多摩川線甲種輸送【263F+245F】メトロ17000系ハンドル訓練
所沢4番で折り返す17000系

所定であれば、前日深夜からお昼までは所沢で停泊を行う多摩川線の甲種輸送列車。
今回は、午前から17000系のハンドル訓練列車が所沢6番を使用するため、停泊が行えませんでした。

このため、小手指から所沢にかけての甲種輸送列車を当日お昼に走行させることで所沢6番線の空きを確保したのではないでしょうか。

  • 甲種輸送が所沢6番に到着後、新秋津に向かうまでに停車していた時間帯は、ハンドル訓練のメトロ17000系は4番に着発していました。

なお、それ以外の時間の17000系ハンドル訓練列車については所沢6番に着発していたようです。

  • 17000系のハンドル訓練と、多摩川線甲種。
    双方の運転日が重なった結果、今回の全区間日中運転に繋がったのではないでしょうか。

【西武線内日中走行】西武多摩川線甲種輸送【263F+245F】の動画

まとめ:【西武線内日中走行】西武多摩川線甲種輸送【263F+245F】

  • 2021年1月23日、西武多摩川線用ワンマン新101系の甲種輸送が運転された
  • 多摩川線へ送り込まれるのはツートンカラーの245Fだった
  • 甲種輸送列車の小手指から所沢は、日中に運転された
    (通例では前日深夜)
  • 日中に輸送された理由は、メトロ17000系のハンドル訓練が所沢6番を使用するためと見られる

ワンマン新101系の2021年1月25日時点での配置一覧

多摩湖線

241F(伊豆箱根)
251F(近江湖風)
259F(赤電)
263F(黄色) ※小手指車両基地へ?

※9000系は3編成
9102F(黄色)
9105F(黄色)
9108F(レジェンドブルー)

多摩川線

245F(ツートン)
247F(赤電)
249F(ツートン)
253F(赤電)

西武多摩川線甲種輸送に関連する別の記事をもっと読む

【雪景色】西武多摩川線へ向かう251F甲種輸送【2020/1/18】 | Rail Log

2020年1月18日、ワンマン新101系の251Fが263Fの牽引によって小手指から新秋津へ回送されました。1月・4月・7月・10月の通例である西武多摩川線向けの甲種輸送となります。【撮影地:所沢~新秋津】西武多摩川線甲種輸送【263F+251F】雪の舞う中、新秋津へ向かう263Fと251F新秋津までの連絡線を回送される多摩川線の甲種輸送。これまでの輸送では、雪景色と甲種輸送の組み合わせはなかなか見ることは出来ませんでした。翌19日には2

西武線にもっと詳しくなる

【無料体験アリ】Kindleの雑誌読み放題

30日間無料で体験できるKindle Unlimitedでは、鉄道に関する書籍も読み放題でした。

無料体験中は、いつでも解約が可能なので安心して読むことが出来ます。
Kindle Unlimitedの無料体験はこちらから

鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車

西武3ドアの歴史を網羅的に紹介する書籍です。巻末の資料も図を用いて見やすく構成されています。

こちらの書籍は、2021年6月現在、Kindle Unlimitedの無料体験で読むことが出来ます。
手軽に数回のタップだけで、すぐに本を読むことが出来ますよ。

「西武の黄色い3扉車」のレビュー記事を読む

季刊Jトレイン73号【E31形設計開発と運転の舞台裏】

E31形のハンドルを握られた西武OBの方々の当時の話を覗き見ることが出来ます。

「季刊Jトレイン73号」のレビューを読む

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
34歳の電車好き。
西武線の撮り鉄歴は20年以上。東京生まれの埼玉県民。(西武沿線から離れられません)
なぜか既婚者、二児の父です。鉄道会社とバス会社で勤務経験アリ。ホームページ・ブログ運営は15年以上。西武線で団臨を走らせたことがあります。
詳細なプロフィールはこちら

Kindle Unlimitedの無料体験で鉄道雑誌が読み放題でした

Kindle Unlimitedは電子書籍のサブスクサービスですが、本登録の前にお試し期間を楽しむことが出来ます。
(Amazonアカウントですぐに登録可能)
西武の黄色い3扉車も、「Kindle Unlimited」の読み放題対象タイトルです。

「【西武線内日中走行】245F西武多摩川線甲種輸送【その理由と仮説】」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。