レッドアロークラシックの臨時列車・回送まとめ【2021年4月以降】

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

2021年4月29日を持って定期運行から引退した #レッドアロークラシック ですが、5月から6月にかけて臨時列車が設定され、各線を走行しました。

記事内では、これらひと月半程度の臨時列車や回送を含めた同車の動きをまとめて紹介します。
レッドアロークラシックこと #10105F の引退間際の動きについては、網羅できる内容です。

2021/4/30 不定期回送9803レ【10105Fレッドアロークラシック】

所沢2番線へ到着するレッドアロークラシックの不定期回送
所沢2番から池袋線下りへ転線する様子

新宿線での定期運行終了は2021年4月29日。
当日夜は新宿線の南入曽車両基地に入庫したレッドアロークラシックでしたが、その翌日4月30日お昼の不定期回送スジで池袋線の小手指車両基地へ回送されています。

翌日には狭山線での臨時運行を控えており、これに伴う送り込みの回送でした。

2021/5/1・2 狭山線臨時運行【10105Fレッドアロークラシック】

はじめての臨時運行は、狭山線内の西所沢から西武球場前の2区間を走行する、臨時91号・93号・95号としての運行でした。
西武球場前駅では臨時列車に乗車した乗客向けの撮影会や、資料の展示などが行われました。
このイベントは2021年5月1日と2日の両日に渡って行われています。

一部の回送電車では、所沢6番で折り返しを行っています。

<臨時91号>西所沢8:57発→西武球場前9:02着
<臨時93号>西所沢11:24発→西武球場前11:29着
<臨時95号>西所沢13:55発→西武球場前14:01着

所沢6番で折り返す回送列車

2021/5/15・16 池袋線・西武秩父線臨時運行【10105Fレッドアロークラシック】

2021年5月15日と16日は池袋から西武秩父間で臨時運行を行いました。
池袋から西武秩父を走破する臨時特急ですが、途中停車駅は飯能のみという極端に停車駅の少ない臨時特急でした。

公式にうたわれた事実はありませんが、個人の感想としては「スーパーちちぶ」という愛称が頭をよぎってしまいました。

<臨時91号>池袋9:39発→西武秩父11:14着
<臨時92号>西武秩父15:04発→池袋16:39着

通過駅の所沢に差し掛かる臨時92号

2021/5/25 武蔵丘行き不定期回送9801レと小手指行き臨時回送【10105Fレッドアロークラシック】

武蔵丘から返却される姿
入庫時にはLaviewと並走

5月16日の臨時92号の運行後は小手指車両基地での留置が続きましたが、5月25日に動きを見せます。
朝の不定期回送スジで小手指車両基地を出庫し、武蔵丘車両基地へ回送されています。

午後には早々に小手指車両基地へ返却されており、単純に一往復しただけのように見えます。

6月5日に行われる武蔵丘車両検修場の公開イベントにおいてもレッドアロークラシックはイベント電車として走行しています。
もしかしたら、こちらの予行演習などの意味合いもあったのかもしれません。


2021/5/28 南入曽行き不定期回送9806レ【10105Fレッドアロークラシック】

5月29日の新宿線における臨時運行を前日に控え、夜間には池袋線小手指車両基地から新宿線南入曽車両基地へ不定期回送が運転されています。

入線時には #6101F の急行新所沢行きと並走するシーンも見られています。

2021/5/29 新宿線臨時運行【10105Fレッドアロークラシック】

上りの送り込み回送
小江戸91号
小江戸92号

2021年5月29日は、西武新宿線の西武新宿から本川越間で1往復の臨時運行を行いました。
ちょうど1カ月前の4月29日は定期運行を終了した日付であり、1カ月ぶりの営業運行となります。

狭山線と池袋線・西武秩父線の運行は、それぞれ2日ずつの運行がありましたが、新宿線の運行は単日のみの設定となっています。
また、先の臨時特急とは異なり、西武新宿線での臨時運行は愛称名を掲げた「小江戸号」として運転されています。

これに伴い、前頭部の表示も「臨時」ではなく「小江戸」の表示を掲げての運行となりました。

<小江戸91号>西武新宿9:42発→本川越10:44着
<小江戸92号>本川越14:45発→西武新宿15:42着

運行後は、西武新宿線の南入曽車両基地へ入庫しています。

2021/6/5 武蔵丘車両検修場公開に伴う臨時列車【10105Fレッドアロークラシック】

新宿線下りから所沢4番へ転線

臨時所沢行き
池袋線上りから所沢1番へ転線
所沢到着を持って営業運行を終える

2021年6月5日には、武蔵丘車両検修場の公開イベントに合わせてレッドアロークラシックの臨時列車が運転されています。

このイベント電車は「最後の乗車チャンス」とうたわれたツアー列車となり、ひと月ほど続いたレッドアロークラシックのラストランイベントも、いよいよ終わりを迎えるようです。

  • レッドアロークラシックにお客さまがご乗車いただける最後のチャンスとなる「~レッドアロークラシックファイ ナルイベント~西武新宿発武蔵丘行!レッドアロークラシックで行く西武・電車フェスタ直通ツアー」と、西武秩父 線で多くのお客さまにご利用いただいており、現在では池袋駅までの定期運行がない 4000 系をツアー電車と して使用した「池袋発武蔵丘行!4000 系で行く 西武・電車フェスタ直通ツアー」の 2 種類で、記念乗車証やノ ベルティグッズに加え、一般のお客さまに先行して会場内にご入場いただける特典付きです。

    西武・電車フェスタ直通ツアーを2運行開催![西武公式PDF]

同日に運行された4000系のツアー列車では、乗客を乗せたまま小手指車両基地に入線し、レッドアロークラシックで運行する996列車をお見送りするといったイベントも行われました。

<往路995列車>西武新宿9:16発→武蔵丘10:29着
<復路996列車>武蔵丘15:06発→所沢15:44着

この996列車の所沢到着を持って、レッドアロークラシックは定期・不定期を含めての営業運行を終えることになりました。
所沢からは西武新宿線の南入曽車両基地へ回送され、入庫しています。


2021/6/6 小手指行き不定期回送9852レ【10105Fレッドアロークラシック】

所沢4番の開通待ちのため徐行する姿が見られた

最後の営業運行の翌日、2021年6月6日には西武池袋線の小手指車両基地へ回送されています。

新宿線上りから所沢4番へ転線

南入曽車両基地を出庫した後は、この日は小手指車両基地に入庫しています。
横瀬に向かう廃車回送は、この2日後に行われることになります。

レッドアロークラシック廃車回送 | Rail Log

2021年6月8日、レッドアロークラシックとして活躍を続けた10105Fが、小手指車両基地から横瀬車両基地へ回送されました。「レッドアロークラシック ラストランキャンペーン」も終了し、車両基地内の通称解体線に押し込まれている状況から廃車になるものと見られます。

レッドアロークラシックの臨時列車・回送まとめ【2021年4月以降】

  • 4/29 新宿線定期運行終了、南入曽入庫
  • 4/30 不定期回送運転【南入曽→小手指】、小手指入庫
  • 5/1・2 狭山線臨時運行、小手指入庫
  • 5/3~14 小手指留置
  • 5/15・16 池袋線、西武秩父線臨時運行、小手指入庫
  • 5/17~24 小手指留置
  • 5/25 小手指~武蔵丘一往復回送運行、小手指入庫
  • 5/26・27 小手指留置
  • 5/28 不定期回送運転【小手指→南入曽】、南入曽入庫
  • 5/29 新宿線臨時運行、南入曽入庫
  • 5/30~6/4 南入曽留置
  • 6/5 武蔵丘イベント臨時運行、南入曽入庫
  • 6/6 不定期回送運転【南入曽→小手指】、小手指入庫
  • 6/8 不定期回送運転【小手指→横瀬】、横瀬入庫(廃車回送)

西武線をもっと楽しむ一冊

鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車

西武3ドアの歴史を網羅的に紹介する書籍です。
購入の前に、まずはレビュー記事を読んでみてください。
「西武の黄色い3扉車」のレビューを読む

こちらの書籍は、2021年9月現在、Kindle Unlimitedの無料体験で読むことが出来ます。
→ Kindle Unlimitedの無料体験を詳しく見てみる