レッドアロークラシック廃車回送

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

2021年6月8日、 #レッドアロークラシック として活躍を続けた #10105F が、小手指車両基地から横瀬車両基地へ回送されました。
「レッドアロークラシック ラストランキャンペーン」における一連の臨時列車の運転も終了し、横瀬車両基地内の通称解体線に押し込まれている状況から廃車になるものと見られます。

記事内では、最後の走行機会となった西武秩父線を走行する姿をはじめ、横瀬到着後の様子を紹介します。

最終のサボを掲出して回送されるレッドアロークラシック

レッドアロークラシック廃車回送

「最終」の表示で西武池袋線東吾野~吾野を通過する10105Fレッドアロークラシック。

「最終」の表示は、1980年頃にかけて見られた小型の種別板を模した見立てとなっています。
※2004年まで見られた本線の大型種別版は、1980年に使用を開始しています。

小手指から飯能間は「惜別」を掲出

このたびの廃車回送は小手指から横瀬間で運転されていますが、途中の方向転換をする飯能駅までは「惜別」を掲出していたようです。
なお、小型種別板の「最終」と「惜別」については、2004年12月19日に実施された101系低運車のさよならイベントでも掲出されています。

横瀬車両基地に到着したレッドアロークラシック

レッドアロークラシック廃車回送
レッドアロークラシック廃車回送
レッドアロークラシック廃車回送

横瀬11番到着後はD16によって入換を行います。
下り方にアントを連結させたのち、解体線へ押し込まれる様子が見られました。

レッドアロークラシック廃車回送

横瀬の解体線に編成で押し込まれた10105Fレッドアロークラシック。
2020年3月以来、10000系7本目の廃車が発生することとなりました。

関連するレッドアロークラシックの記事

レッドアロークラシックの臨時列車・回送まとめ【2021年4月以降】 | Rail Log

定期運行から引退したレッドロークラシックですが、5月から6月にかけて臨時列車が設定され、各線を走行しました。記事内では、これらひと月半程度の臨時列車や回送を含めた同車の動きをまとめて紹介します。レッドアロークラシックこと10105Fの引退間際の動きについては、網羅できる内容です。

レッドアロークラシック定期運行終了【2021/4/29】 | Rail Log

2021年4月29日、レッドアロークラシック10105Fが定期運行を終了しました。レッドアロークラシックは、2020年3月の池袋線での定期運行終了後、活躍の場を新宿線に移しています。記事内では、引退に際してラストランロゴを掲出した同車の姿のほか、最終日の運用を紹介します。

レッドアロークラシックにラストランロゴ貼付 | Rail Log

2021年4月15日、10105F(レッドアロークラシック)が、南入曽車両基地にてラストランロゴの装飾を行いました。レッドアロークラシックは既報の通り、定期特急電車としては2021年4月29日までの運行とアナウンスされています。

西武線をもっと楽しむ一冊

鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車

西武3ドアの歴史を網羅的に紹介する書籍です。
購入の前に、まずはレビュー記事を読んでみてください。
「西武の黄色い3扉車」のレビューを読む

こちらの書籍は、2021年9月現在、Kindle Unlimitedの無料体験で読むことが出来ます。
→ Kindle Unlimitedの無料体験を詳しく見てみる