西武40000系 40155F甲種輸送

2021年6月13日、西武40000系40155Fの甲種輸送が新秋津から小手指間で運転されました。
記事内では、午後の池袋方5両の輸送シーンを紹介します。

西武鉄道の2021年度設備投資計画によると、40000系は3編成30両の増備が予定されています。
40155Fは2021年度1編成目の新車搬入となるので、残り2編成の甲種輸送が今後も実施されるものと見られます。

2021年度 鉄道事業設備投資計画[西武鉄道公式PDF]

40155Fと263Fが連結した回送電車

西武40000系 40155F甲種輸送

牽引用の263Fを先頭に、小手指を目指す甲種輸送列車。
この日はメットライフドームにてプロ野球の公式戦も開催されており、多くの臨時列車が走ることとなりました。

西武40000系 40155F甲種輸送

266号車と40655号車の連結面を臨みます。
40000系の午後の部の輸送では、先頭車同士が顔を突き合わせることはありません。
5両ずつに編成を切って輸送する関係から、このような珍しいシーンを眺めることが出来ます。

一定以上の世代の方には、切妻の401系との連結面を彷彿とさせるような姿かもしれません。

牽引車263F4両と、40000系5両の、変則9両編成。
前面の養生や、反射板は、新車搬入時ではおなじみの姿となります。

【参考】40104F甲種輸送(2017/11/12)

なお、参考までにですが、前面の養生なしで輸送されることもあります。
どのような違いがあるのかは、判断しかねるところです。

40000系は兵庫の川崎重工から4日かけて西武線へ輸送

西武40000系は兵庫の川崎重工で製造され、JR線を輸送されて西武線に到着します。
その行程は4日に区分けすることが出来るものであり、概ね以下の通りです。

  • 1日目 川重→神戸タ(6号車~10号車)
  • 2日目 川重→神戸タ(1号車~5号車)10両編成を組成して、神戸タ→静岡貨物
  • 3日目 静岡貨物→横浜羽沢
  • 4日目 横浜羽沢→新秋津 新秋津→小手指

西武線内においても、1日目・2日目と同様に、編成を5両ずつに分割して輸送を行います。
午前に1号車から5号車、午後に6号車から10号車、5両ずつの輸送を行います。
これにより、西武線内では都合2往復の甲種輸送が運転されることになります。

なお、40000系に限らず、牽引される編成が8両の場合は編成を分割しません。
新秋津から263Fを含む12両編成を組成し、小手指へ一度で回送されます。

【参考】12両の甲種輸送

西武40000系について

40105F拝島ライナー送り込み回送(2018/3/25)

西武40000系はロングシートとクロスシートを切り替えられる車両として、2017年3月にデビューした西武鉄道の車両です。
池袋線系統では「S-TRAIN」、新宿線系統では「拝島ライナー」として、それぞれ座席指定列車に充当しています。
いずれの座席指定列車も、クロスシートで運行されています。

座席指定列車の運転時間以外などでは、ロングシートの一般列車として運転されています。
2019年度からは、ロングシート固定となる50番台の編成も登場しており、急行電車やFライナーなどの地下鉄直通運用で活躍する姿が見られます。

2021年6月現在の運用は以下の通りです。

40101F~40106F 6編成60両【ロング・クロス切り替え可能】
池袋線系統(S-TRAIN):40101F・40102F・40103F・40104F
新宿線系統(拝島ライナー):40105F・40106F

40151F~40154F 4編成40両【ロング固定】
池袋線系統:40151F~40154F

西武40000系甲種輸送日付一覧(西武線到着日)

40101F 2016/9/11
40102F 2016/11/13
40103F 2017/10/15
40104F 2017/11/12
40105F 2018/1/28
40106F 2018/2/18

40151F 2019/12/15
40152F 2020/1/26
40153F 2020/8/23
40154F 2020/11/1
40155F 2021/6/13


西武鉄道向け新型通勤車両80両を初受注[川崎重工公式リリース 2015/8/24]

関連記事

40000系によるS-TRAINの運行に先立って、飯能以遠や西武秩父線における有効長確認列車が運行されています。
同線区での10両編成の電車は久しく運転されておらず、こちらも珍しいシーンが展開されました。

2016/6/26 20000系10両編成西武秩父線へ【10両入線試運転】 | Rail Log

S-TRAIN運行開始に伴う、飯能以遠の有効長確認列車として20000系20101Fが西武秩父線を走行しました。20000系10両編成西武秩父線へ【10両入線試運転】吾野駅に到着する下り試運転電車 20000系20101F前段として、2016年6月半ばに「S-TRAIN」の概要が発表されtばかりでありいよいよ西武秩父線内にも10両編成が入線するということでこの記事内で紹介する試運転電車が運転されています、



東急車10両も西武秩父まで足を延ばしたことがありました。

2013/5/1終電後 東急車4102F西武秩父線試運転 | Rail Log

東急電鉄5050系4000番台4102Fの10両編成が、西武秩父線へ入線しました。終電後に行われた深夜の試運転、その様子を紹介します、東急車4102F西武秩父線試運転吾野駅を通過する東急5050系4000番台4102F2013年3月16日に副都心線と東横線の直通運転が開始され乗り換えいらずで横浜方面へ行ける日常が現実のものとなりました。しかしながら、地下鉄直通電車の営業は飯能までを基本としておりS-TRAINに



西武線にもっと詳しくなる

【無料体験アリ】Kindleの雑誌読み放題

30日間無料で体験できるKindle Unlimitedでは、鉄道に関する書籍も読み放題でした。

無料体験中は、いつでも解約が可能なので安心して読むことが出来ます。
Kindle Unlimitedの無料体験はこちらから

鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車

西武3ドアの歴史を網羅的に紹介する書籍です。巻末の資料も図を用いて見やすく構成されています。

こちらの書籍は、2021年6月現在、Kindle Unlimitedの無料体験で読むことが出来ます。
手軽に数回のタップだけで、すぐに本を読むことが出来ますよ。

「西武の黄色い3扉車」のレビュー記事を読む

季刊Jトレイン73号【E31形設計開発と運転の舞台裏】

E31形のハンドルを握られた西武OBの方々の当時の話を覗き見ることが出来ます。

「季刊Jトレイン73号」のレビューを読む

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
34歳の電車好き。
西武線の撮り鉄歴は20年以上。東京生まれの埼玉県民。(西武沿線から離れられません)
なぜか既婚者、二児の父です。鉄道会社とバス会社で勤務経験アリ。ホームページ・ブログ運営は15年以上。西武線で団臨を走らせたことがあります。
詳細なプロフィールはこちら

ここだけの話、西武線の本が無料で読めます

西武の黄色い3扉車を無料で全ページ読むことが出来る裏ワザです。
Kindle Unlimitedは電子書籍のサブスクサービスですが、本登録の前のお試し期間はノーリスク。損をしない賢い選択です。
(Amazonアカウントですぐに登録可能です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。