2020/8/31 ワンマン9108F4連 多摩湖線試運転



ワンマン化された4両編成の9108Fが、多摩湖線で試運転を行いました。

2020/8/31 ワンマン9108F4連 多摩湖線試運転

玉川上水出庫

玉川上水を出庫し、多摩湖線へ向かう9108F

多摩湖線での試運転が主な目的と思われますが
玉川上水出庫時から、幕は「試運転」表示で運転されています。

拝島線の玉川上水以東での試運転電車は
なかなか見かけない姿であります。

当日は、車両基地内に20105F(三代目L-train)がおりましたので
その横を駆け抜ける、9108F(二代目L-train)といった構図で狙ってみました。

八坂→武蔵大和

多摩湖北線を下る9108Fの試運転電車

玉川上水出庫後、9108Fは多摩湖南線に入線し、国分寺で折り返しました。

多摩湖北線も西武遊園地まで入線し、
多摩湖線での営業開始を見据えたような経路で運転されています。

武蔵大和→八坂

西武遊園地から折り返してきた9108Fの試運転電車

折り返し時間が非常にタイトなダイヤとなっており
この撮影地では、下り試運転電車の通過から上り試運転電車の通過まで
概ね10分ほどしか間隔がありませんでした。

一橋学園→青梅街道

多摩湖南線を走行する試運転電車の9108F

多摩湖南線を走行する試運転電車というと、
30000系の2連×2連で運転されたものや
青梅街道駅での誤通過防止の為の試運転電車が
近年では思い返されます。

しかし、いずれも深夜帯での運転となっており
今回のように、日中における多摩湖南線での試運転電車の姿は
非常に珍しい姿となります。


一橋学園→国分寺

一橋学園を出発した9108F試運転電車

9000系は回生ブレーキを搭載した車両ですが
各駅の停車時や、制動箇所での挙動はどのようなものかも興味深いところです。

き電区間等々、それに付随する環境については全く詳しくないのですが
素人目には、吾野のような回生電力を吸収する装置が無くても大丈夫なのかと
ちょっとした疑問が残ります。

東大和市→玉川上水

玉川上水へ戻る9108Fの試運転電車

多摩湖線での試運転を終えた後は、拝島線を下り、
玉川上水へ入庫となりました。

拝島線の区間においても「試運転」表示で運転されていました。

ワンマン9108F4連 多摩湖線試運転の動画


ワンマン9108F4連 多摩湖線試運転のまとめ

  • 4連化された9108Fが多摩湖線で試運転を行った
  • 多摩湖南線での試運転は近年では見かけなかった姿であり、珍しい姿となった
  • 玉川上水へ入出庫する際も「試運転」表示での運転だった


使用した機材


関連記事

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
34歳の電車好き。
西武線の撮り鉄歴は20年以上。東京生まれの埼玉県民。(西武沿線から離れられません)
なぜか既婚者、二児の父です。鉄道会社とバス会社で勤務経験アリ。ホームページ・ブログ運営は15年以上。西武線で団臨を走らせたことがあります。
詳細なプロフィールはこちら

Kindle Unlimitedの無料体験で鉄道雑誌が読み放題でした

Kindle Unlimitedは電子書籍のサブスクサービスですが、本登録の前にお試し期間を楽しむことが出来ます。
(Amazonアカウントですぐに登録可能)
西武の黄色い3扉車も、「Kindle Unlimited」の読み放題対象タイトルです。

「2020/8/31 ワンマン9108F4連 多摩湖線試運転」への2件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。