2020/2/28 ワンマン新101系257F 横瀬行き回送

新101系ワンマン車の257Fが横瀬へ回送されました。

ワンマン新101系257F 横瀬行き回送

ワンマン新101系では初の廃車

武蔵横手に到着する新101系257F


新101系では、1998年の多摩湖南線ワンマン化に先立ち、
257F・259F・261Fの3編成が、ワンマン改造されています。

今回、横瀬まで回送されて廃車となったのは
その「第一陣」とも呼べる3編成のうち、最も番号の若い257Fとなりました。

武蔵横手駅で001系と並ぶ新101系257F

257Fと001-C1F

新101系の山線走行は2012年の本線引退前後までは
よく見かけた光景でしたが
2020年となった昨今、随分と久しぶりに実施された感があります。

昨年の245Fの記念走行は記憶にも新しいところですが
今回の「白い101系」という点では希少さが際立っているかと思います。


沿線では梅が丁度見ごろでした。
ちょうど同時期に実施された廃車回送というと
2004年3月に実施された159F(低運車4両)を思い出してしまうものです。

横瀬に到着した廃車回送の257F

横瀬到着後は、お決まりの4番→10番→11番で自走入れ換え後
アントによって車両基地奥へ引っ張られていきました。

クハ1257は回送を表示するが。モハ257は白幕

モハ257の側面幕は、随分と長いこと故障したままのようでした。

晩年の営業運転も、白幕の状態で運用に入っていたので
西武線にしては珍しいこともあるものだ、と思っていた所でしたが
廃車も近ければ、その処遇も致し方ありません。

保存車に前を遮られ、これ以上様子をうかがうことは困難でしたが
帰りの電車内からは、3両化された10101Fとの並びを見ることが出来ました。

新101系、晩年の西武秩父線走行の実績

新101系の山線走行について、記録やインターネットを遡ってみました。

2012/12/21 309F4連化試運転

8連から4連化された309F

中間4両を抜いた、うっすら黄電連の309F4連。
この309F4連については近江鉄道に譲渡されており、
近江105Fとして活躍する姿が、2020年になった現在でも見られます。

2016/3/24 261Fワンマン車試運転

「ワンマン車」ですと、この試運転261Fと記念運行の245F、
それと今回の257Fが入線実績かと思います。
とはいえ、そう遠くない将来、
ワンマン101系がここを通る機会も増えてしまうのでしょう。(廃車回送)


2019/10/14 245F西武秩父線開通50周年

2019年10月に運転された、西武秩父線開通50周年を記念した運行です。

当時を思い起こさせる装いの新101系運行は
非常に懐かしい雰囲気をまとっておりました。

ツートンの復刻塗装が、これほどまでに活きる運行は
この線区以外では実現し得ないのではないでしょうか。


2020/2/28 257F 廃車回送

当記事で紹介した通り、257Fの廃車回送です。


4連化された9000系9108Fの動向も気にかかるところですが
今のところは音沙汰の無い状況が続きます。
ダイヤ改正も間近に迫ってきており
さぁ、どのような動きになっていくのでしょうか。


ワンマン新101系257F 横瀬行き回送のまとめ

  • 新101系ワンマン車に初の廃車が発生した
  • 257Fは多摩湖線ワンマン化の当初から改造されていた編成
  • 最後の白1色の新101系でもあり、これによって白1色の新101系は消滅
  • 晩年はモハ257の側面幕が故障したまま営業に入っていた


使用した機材


関連記事