2007/5/22 保谷工臨1871レ その2【E31形PP貨物】

保谷工臨は武蔵丘車両基地を22:50頃に出発し、保谷を目的地とする
深夜に運転されていたE31形電気機関車牽引による西武池袋線の貨物列車(工事臨時列車=工臨)です。

  • 編成は機関車のE31形と、貨車であるホキ81形とトム301形によって組成され、
    機関車は、往路復路共にPP(プッシュプル)による牽引となります

プッシュプルで組成された保谷工臨


武蔵丘車両基地にて、ホキには新しいバラスト(敷石)を、あらかじめ積載しています。
保線を必要とする箇所では、ホキに積んだ新しいバラストを線路に補充し、
古くなった砂利をトムに乗せて持ち帰る、というものです。

保谷駅まで電気機関車E31形が牽引し、
保線箇所まではモーターカーがホキとトムを、それぞれ牽引する方式でありました。

  • 2007年の保谷工臨では、E31形は現場に向かうことは無く
    夜半の保線作業中は、保谷構内にて留置されます。

保谷構内にて夜を明かしたE33号機

    保谷工臨では、後補機の機関車のパンタの上げ方が通常と異なる点が特筆されます。
    留置位置の架線終端の関係から、下り1871列車の飯能までは
    進行方向前寄りのパンタを上げ、後寄りのパンタを下げとして運行されていました。


飯能までの1871レ 後補機は最後部のパンタを下げて運転
保谷構内のE31号機、後寄りに架線終端標識が見える


復路は、保谷を4:30頃に出発し武蔵丘に帰ります。
往路とは異なり、ホキの積み荷は空になり、トムには古くなったバラストが積まれています。

運転日は、基本的に往路が月・水・金の終電間際と、
復路は火・木・土の始発前、というパターンで運転されていました。

保谷工臨1871レ その2【E31形PP貨物】

所沢~西所沢を通過するトム6ホキ3の保谷工臨

夜も明けきらぬ所沢駅界隈を通過するE31形の保谷工臨。
通過の数分前までは奇麗な朝焼けだったのですが
通過時には、残念ながら曇り空となってしまいました。

後補機の、特徴的なパンタの上げ方は
このカーブでの構図で、特に分かりやすく捉えることが出来ました。



北飯能信号場を通過するトム6ホキ3の保谷工臨

飯能駅でスイッチバックを行い、今度はE33号機が先頭に変わります。
北飯能信号場では、薄日の射す中を通過していきました。


  • 後補機のパンタの上げ方もいつも通りになりました

武蔵丘車両基地に到着したE31形保谷工臨

武蔵丘に到着したE31形の工臨編成。
車両基地に留置される顔ぶれも、今となっては少し懐かしい雰囲気です。

副都心線直通を翌年に控えた頃合いでしたが
銀顔の6000系は、まだまだ数多く残っていました。

武蔵丘車両基地内で入換を行うE31形とトム6両ホキ3両

到着から、マミーマート脇への入換作業。
いつもの、おなじみの光景となります。


  • 日ごとの作業や、構内都合もあったのかと推測します。


保谷工臨1871レ その2【E31形PP貨物】のまとめ

  • E31形のPP(プッシュプル)編成による保谷工臨が運転された
  • 充当はE33号機とE34号機で、貨物はトム6ホキ3だった
  • 到着後は武蔵丘車両基地内で入換が行われた

関連記事

保谷工臨の記事一覧

Follow me!

この記事を書いた人

SSK
SSK【101系低運転台車とE31形電気機関車に情熱の全てを】
20年以上に渡り、西武鉄道の写真を趣味で撮影する東京生まれの埼玉県民。
子どもと電車を眺めているのが最近の専らです。詳細なプロフィールはこちら