西武4000系 臨時夜行急行「奥武蔵51号」

西武線撮り鉄レポ
広告

2022年9月17日から翌18日にかけて、西武4000系を使用した臨時夜行急行電車がツアー列車として運転された。

西武鉄道池袋駅から御花畑駅を経由して秩父鉄道へ直通。長瀞と三峰口を経由して、西武秩父には翌朝6時前に到着するルートだった。

西武鉄道での夜行列車運行は非常に珍しく、秩父鉄道へ直通する夜行列車の運転は初。

この記事では、奥武蔵51号の特徴や見どころ、当日の撮影レポートを紹介する。


引用:日本旅行Twitterより

↓この記事を書いた人

SSK
SSK

こんにちは。
西武専門の鉄道マニアです。
趣味:西武線の写真をブログにまとめること

広告

臨時夜行急行「奥武蔵51号」とは

臨時夜行急行「奥武蔵51号」は、”西武鉄道・秩父鉄道・日本旅行”により企画されたツアー列車です。

2022年8月1日より参加者の募集を開始しました。

今回のツアーの参加者には、硬券乗車票の発行や、西武球場前での参加者専用撮影スペース、さらには西武鉄道と秩父鉄道のフリーきっぷもついてくるという、オトクなパッケージングでした。

経路は、池袋を21時台に出発し、最終到着は午前6時前の西武秩父着となっています。

臨時夜行急行「奥武蔵51号」の運転ルート(2022.9.17出発)
池袋2114→豊島園2126
豊島園2139→練馬2141
練馬2153→西武球場前2247
西武球場前2324→所沢2342
所沢2347→飯能0011-30→正丸トンネル0101-10→横瀬0117-18御花畑0122-35→長瀞0225
長瀞0330→三峰口0445
三峰口0515→西武秩父0555

西武4000系による秩父鉄道直通の快速急行
西武4000系4003F-4011Fによる快速急行長瀞、寄居・三峰口行き(2005.11.3)

夜行急行に使用する電車は、セミクロスシートを備える西武4000系が指定されており、往年の座席夜行の雰囲気を疑似体験することが出来ます。

西武4000系の車内
西武4000系の車内(2022.2.9)

セミクロスシートを備える西武4000系の車内はこんな感じ。

普段は飯能から西武秩父間を往復することの多い4000系ですが、ツアー運転日に限っては起点の池袋から終点の西武秩父まで、端から端までを走破します。

臨時夜行急行「奥武蔵51号」の見どころ

  • 西武線から秩父鉄道へ直通する初の夜行列車
  • 特製のヘッドマークを全区間で掲出
  • 普段は飯能以遠でしか走らない西武4000系が池袋から出発する
  • 練馬や所沢などでは、回送しか入らない線路にも入線する

西武4000系 臨時夜行急行「奥武蔵51号」の撮影レポ

西武4000系のツアー列車 臨時夜行急行「奥武蔵51号」
池袋行きの送り込み回送

奥武蔵51号の運転に先立って、送り込み回送が運転されました。

使用された編成は4000系4013F。

武蔵丘車両基地を出庫した段階から、既にヘッドマークは取り付けられていました。

西武4000系のツアー列車 臨時夜行急行「奥武蔵51号」
池袋7番ホームを通過し、特急ホームに到着する4013Fの送り込み回送

奥武蔵51号の出発は21時14分ですが、送り込み回送が池袋駅に到着したのは出発の約6時間前。

あまりにも早い到着で首をかしげるところですが、それは以下の理由によるものと思われます。

奥武蔵51号の送り込み回送が昼間に運転された理由の推測

  • 当日の池袋線は土休日ナイターダイヤだった
  • 20時から21時にかけては、野球ダイヤにおける帰路のパターンが多数設定されているため、新しいスジを仕立てることが難しかった
  • 空いている池袋7番線を活用し、野球臨の往路輸送のピークが始まる前に送り込みを完了させたかった

といったところではないかと思われます。

新宿線所属の38116Fによる石神井公園行き(土休日ナイターダイヤ)
新宿線所属の38116Fによる石神井公園行き

当日の池袋線は土休日ナイターダイヤで運転されており、新宿線の車両が池袋線を走行する姿も見られました。

西武池袋7番線留置線
7番線の入換信号機が開通した模様

余談ながら、池袋駅は”7番線”と”6番線”が留置線であり、「7番ホーム」と「6番ホーム」では意味も呼称も異なることに注意が必要です。

特急ホームである池袋5番から7番へ入れ換えを行う4013F

ホーム途中から分岐を行う池袋の7番入換は、是非とも観察しておきたい本日の山場でした。

西武4000系のツアー列車 臨時夜行急行「奥武蔵51号」
臨時夜行急行「奥武蔵51号」の本運転

本運転の奥武蔵51号は、夜行列車らしく沿線から撮影を行いました。

車内の参加者の方が、思い思いに列車の旅を楽しんでいる様子がうかがえました。

西武4000系のツアー列車 臨時夜行急行「奥武蔵51号」

こちらは西武球場前駅からの折り返し。

ホームの無い所沢6番線に到着する姿です。

西武4000系のツアー列車 臨時夜行急行「奥武蔵51号」

狭山線の送り込み回送や、甲種輸送の留置などではお馴染みの場所ですが、乗客を乗せたまま所沢6番に入る姿は非常に新鮮でした。

臨時夜行急行「奥武蔵51号」は、所沢で折り返して飯能・西武秩父方面へ下っていきました。

臨時夜行急行「奥武蔵51号」についてまとめてみた感想

西武4000系を使用した臨時夜行急行「奥武蔵51号」について書きました。

  • 2022年9月17日から翌18日にかけて、西武4000系を使用した臨時夜行急行列車が運転された
  • ツアーの企画は西武鉄道、秩父鉄道、日本旅行が行った
  • 特製のヘッドマーク掲出や、回送が日中に運転されるなど、イレギュラーな車両運用も話題となった


ということが分かりました。

今回のツアー列車と毛色は違いますが、過去にはこんなツアー列車・臨時列車がありました。


\応援のクリック・タップが励みになります/
PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 西武線へ

広告
広告
タイトルとURLをコピーしました