2007/4/4 フル編成工臨運転【新宿線貨車運行最終日】

上石神井工臨で運転されたE31形とホキ3両、トム7両が役目を終えて武蔵丘まで回送されました。

西武新宿線での貨車運行は、この日を持って終了しています。
(重単や三重連、甲種輸送では実績あり)

2007/4/4 1865レと1803レ E31-ホキ3-トム7-E32

当日の様子を以下に紹介します。

1865レ 東村山→所沢

連日、深夜の各駅に通い詰めた後の「昼間の工臨」だったので
やっと走行写真を撮れるといったような、そんな思いがきっとあった事でしょう。

新宿線での貨車運行は、この日が最後の運転となりました。
暦は4月となりましたが、まだまだ肌寒く、小雨の降る中の走行でした。

1803レ 新所沢 仏子

新所沢では小休止の後、1852レで所沢を目指します。
所沢からは列番が1803レに変わり、仏子では営業列車を待避。
終着の武蔵丘を目指します。

武蔵丘車両基地

武蔵丘の定位置に到着、入庫となりました。

編成のまま入庫しているとなると
多くの場合、翌朝は武蔵丘→横瀬の1801レに繋がります。

実際に、翌日はフル編成での1801レが運転されるのでした。

まとめ

  • 西武新宿線最後の工臨運転は2007年4月4日だった。
  • E31号機とE32号機によるPPフル編成で運転された。

Follow me!

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
20年以上に渡り、西武鉄道の写真を趣味で撮影する東京生まれの埼玉県民。
西武線の撮影実績(写真在庫)は10万枚以上。
ホームページ・ブログ運営は15年以上。
子どもと電車を眺めているのが最近の専らです。詳細なプロフィールはこちら