西武40000系 40158F甲種輸送

西武線撮り鉄レポ
広告

2022年6月19日、西武40000系ロングシート車40158Fの搬入が行われました。

西武鉄道は、2022年度に40000系車両を10両3編成導入することを明らかにしており、今回の40158Fはその1編成目。

2022年度初の新車回送の模様となります。

小手指車両基地に到着した西武40000系40158F(2022.6.19)

↓この記事を書いた人

SSK
SSK

こんにちは。
西武専門の鉄道マニアです。
趣味:西武線の写真をブログにまとめること

広告

40000系40158Fの概要

  • 西武40000系電車 14本目の車両
    ロングシート車(50番台)としては8本目
  • 輸送日:2022年6月16日から19日
    兵庫県の川崎車両から西武線小手指車両基地まで
  • JR線内の牽引は「EF65 2067」

40000系甲種輸送に向けた牽引車263Fの送り込み

263Fの送り込み回送は所沢駅6番線に到着する

西武鉄道の40000系は、兵庫県神戸市の川崎車両で製造され、JR線上を回送されて西武線に到着します。

JRと西武の中継地点となるのは新秋津駅。

新秋津駅から西武線小手指までの牽引車は、新101系の263Fが務めます。

  • 西武線内の牽引は、新101系の編成組み換えなどを行った4両編成の263Fが担当

西武の牽引車263F こうして生まれ変わりました 前編

新秋津へ向けて出発する263F

この263F、普段は狭山線(西所沢~西武球場前)で旅客運用もこなす2way仕様。

甲種輸送の際は、一般運用を外れ、連結器を自動連結器に交換した上で甲種輸送に充てられます。

  • 普段の263Fは狭山線で運用されるが、甲種輸送の際には自連に交換されて牽引車両として活躍する

40158F甲種輸送 西武線内の回送

263Fを先頭に飯能方5両の輸送(2022.6.19)

西武40000系は10両固定編成ですが、甲種輸送の際は5両ずつに分割して輸送されるのが特徴です。

このため、西武線内を都合2往復するような形となります。

  • 午前
    263F送り込み「小手指→新秋津」
    263F+40000系前5両「新秋津→小手指」
  • 午後
    263F送り込み「小手指→新秋津」
    263F+40000系後ろ5両「新秋津→小手指」

263F+40158F前5両の甲種輸送

西武40000系 40158F甲種輸送
クハ40158とクモハ266の連結面(2022.6.19)

午前の部では、飯能方5両を小手指まで輸送します。

編成がブツ切りにされたように見える最後尾

最後尾が5号車のため、甲種輸送列車のおしりはこんな具合でちょっと不思議な感じ。

上り本線を平面交差して小手指1番に到着

263Fを先頭にした40158Fの甲種輸送は、小手指1番線に到着。

小手指の到着番線は、ダイヤによって3番だったり1番だったりします。

西武40000系 40158F甲種輸送
甲種輸送時のみに見られる特徴的な連結面

午前の輸送は中間車である5号車が最後尾となるため、貫通路が見えた状態で回送されます。

263F+40158F後ろ5両の甲種輸送

午前の輸送を終えた263Fは、後半5両の輸送のため、再び新秋津へ送り込まれます。

午後の部は40658~40058の5両を小手指へ輸送します。

再び、小手指に戻ってきた263F

今度は40658号車から40058号車までを263Fで牽引。

牽引車の263Fと連結した9両編成、西武線では珍しい奇数の編成両数は甲種らしさが際立ちます。

西武40000系 40158F甲種輸送
前面には甲種輸送らしい養生も
ゆっくりと、何度も停止しながらピットへ向かいました

小手指車両基地に到着した40158F

小手指に到着した40158F

午前と午後の2部に分かれて、ようやく小手指へ到着した40158F。

沿道から眺めてみると、ピットからはみ出る形で、分割されたまま留め置かれている様子が見えました。

駅方面へ入換を行う263F

牽引車である263Fは基地内で入換を行っていました。

しばらく様子を見ていましたが、本日はこれにて作業終了のようです。

32106F単独の入換、263Fは車庫16番へ
263Fと縦列で留め置かれる32106F

(32106Fの入換を担当された運転士さんの指差確認が、非常にキレのある動きだったので思わず撮影してしまいました。)

40158Fの甲種輸送についてまとめてみた感想

西武40000系40158Fの甲種輸送について書きました。

  • 2022年6月19日に40000系40158Fは甲種輸送で小手指に到着した
  • JR線内の牽引は「EF65 2067」
  • 西武線内の牽引は263Fで、午前と午後の部で分けて行われた
  • 2022年度の西武40000系は、あと2本の製造を予定している


ということが分かりました。

去年の40000系甲種輸送の様子はこちらから。

40155F甲種輸送

40156F甲種輸送

40157F甲種輸送
甲種輸送運転時の清瀬行き臨時回送【狭山線新101系】


\応援のクリック・タップが励みになります/
PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 西武線へ

広告
広告
タイトルとURLをコピーしました