【クハ1262陸送】西武電車の車両輸送【メットライフD/トレイン広場へ】

2020年12月18日深夜、メットライフドーム”トレイン広場”に展示される電車の陸送と搬入作業が行われました。
当日の様子を複数地点からの写真を用いて紹介してまいります。

  • 電車がどのようにしてメットライフドームまで輸送されたのか
  • 知られざる「電車の陸送」の様子とは
  • トレイン広場に展示される電車は、どのような活躍をしていたのか


今回の記事は、このような疑問を解決する記事となっています。

また、多くの方から注目される記事となることが予想されるため、鉄道ファンではない方にも分かりやすい記事構成といたしました。

西武電車の車両輸送について【メットライフドーム/トレイン広場】

メットライフドームでは2017年11月に発表された改修計画に基づき、2021年春の完成を目指して工事が進められています。
今回、1塁側に新設されるトレイン広場には西武鉄道の車両を1両設置することが発表されていました。

メットライフドーム1塁側の新エリア「トレイン広場」に多種多様なクラフトビールやオリジナルフードが味わえる新店舗「CRAFT BEERS OF TRAIN PARK」7月21日(火)オープン!

  • 公表されたプレスによると「西武鉄道の車両を1両設置」という文言が読み取れました。
  • 西武鉄道で活躍し、役目を終えた電車を展示するという意図が汲み取れます。

役目を終えた西武線の電車について

西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
役目を終えた電車の殆どは解体されてしまう
(2013/10/21撮影)


役目を終えた西武線の電車が辿る道筋は、おおむね3つあります。

  • 廃車となり、解体される(9割)
  • 地方の鉄道に売却・譲渡され、第二の人生(車歴?)を歩む(1割)
  • 車両基地などで保存される(ほとんど無い)
※割合は長年西武線のファンを続けてきた著者の個人的な感覚です。

西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
トレイン広場に展示される車両の現役時代の姿

廃車車両が「保存・展示」されるのは、非常に低い確率であることが分かります。
今回、メットライフドームのトレイン広場に展示される車両は「新101系」という4両編成で活躍をした電車です。
晩年は西武多摩湖線で活躍しており、国分寺駅や西武遊園地駅などでその姿を見ることが出来ました。

西武線の廃車車両は、自走による回送で横瀬駅へ向かう

西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
役目を終えて横瀬へ回送される廃車車両

西武多摩湖線で活躍する新101系電車でしたが、2020年11月には後継車両の登場により、約40年の活躍にピリオドを打つこととなりました。
役目を終えた西武線の電車は、お客さんを乗せずに横瀬駅へ回送されます。

鉄道車両の廃車・解体には、大型のクレーンやトラックを必要とします。
解体作業に相応する広さを確保できる拠点として、広い敷地を有する横瀬駅は正に打ってつけの場所というわけです。

西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
広大な敷地を有する横瀬駅と隣接する横瀬車両基地

  • 横瀬駅に古い電車が回送されると、ほとんどの電車が廃車になります。
  • 横瀬に電車が回送されると、鉄道ファンの間では話題になるのが通例です。

横瀬に回送されたら廃車・解体、のはずが…?

西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
横瀬で解体される西武線の電車

横瀬へ回送された古い電車の辿る道は、ほとんどが解体です。
横瀬車両基地では台車や機器の取り外しを行います。
車体はトラックに乗せられて専門の業者へ輸送されてスクラップとなります。

  • 今回の4両編成の電車も、全ての車両が解体されるものと思われていました。

4両のうち3両はスクラップ、1両は横瀬に留まり…?

西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
4両のうち3両は搬出済み、1両だけが残った姿

しかし、解体搬出を免れて横瀬にとどまる「クハ1262」の姿が多くの鉄道ファンによって目撃されていました。
一定期間中に4両すべてを搬出しないことは、普段ではあまり見られない様子です。
そのため、その行く先には非常に注目が集まっていました。

  • 廃車となったものの、搬出されないまま留まる姿は非常に珍しいです。


そして、この車両の横瀬からの搬出は2020年12月18日の深夜に行われることになりました。
トラックの陸送によって横瀬を出発するのは、他の廃車車両と同じでしたが…


2020/12/18 西武新101系 クハ1262陸送【メットライフドーム/トレイン広場へ】

横瀬を出発したクハ1262の陸送【メットライフドーム/トレイン広場】

西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
横瀬を出発したクハ1262
西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
鉄道用の車輪の姿は無い
西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
曲線では特に多くの注意を要する

新101系のトラック輸送の様子を時系列で紹介します。
まずは横瀬出発後の様子から。

時刻は23時頃ということもあり、一般車の往来は多くはありません。
多くの関係者が、周囲に注意を払いながら低速で通過していく様子が見られました。

緑色の回転灯は、大型運搬車両の目印【メットライフドーム/トレイン広場】

西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
トラックの前頭部には緑色の回転灯が載る
西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
トラックの前後には、緑色の回転灯を載せた先導車の姿

車両に乗せる回転灯の色については、法律で定められているところです。
パトカーや救急車、消防車の赤色灯はなじみが深いものですが、緑色の回転灯はなかなか見かけません。

  • 緑色の回転灯は、幅員の大きな運搬車両に載せることが許されているようです。


詳しくは、こちらの外部リンクをご参照ください。
トレーラーハウス運行時の緑色点滅灯火の装着について

埼玉県比企郡を通過する西武電車の陸送【メットライフドーム/トレイン広場】

西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
消防分署入口交差点を通過するクハ1262
西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
上伊草交差点付近を通過するクハ1262
西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
道路に電車が走っているようにも見える

時刻は午前1時を回ったころ。
国道254号線を池袋方面に向かうクハ1262の様子です。

途中、通過する交差点に「上伊草」の文字がありました。
西武線の駅では「上井草」がありますが、読み方は同様に「かみいぐさ」のようです。

  • 「かみいぐさ」に西武線の電車と聞くと、何も違和感はありません。


所沢市岩崎交差点を通過するクハ1262の陸送【メットライフドーム/トレイン広場】

西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
所沢市内までやってきた西武電車の陸送
西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
メットライフドームまでは、もうすぐ

陸送の車列は254号線小仙波で16号線方面へ進路を取りました。
途中の経路は追い切れていませんが、最終的には463バイパスへ入り岩崎交差点を右折しています。

メットライフドームまでは、交差点をあと一つ左折するのみとなりました。
この時点で時刻は午前3時を回っています。

メットライフドームに到着した西武電車の陸送【メットライフドーム/トレイン広場】

西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
メットライフドーム前に到着したクハ1262
西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
交通の切れ目を狙って、駅前広場にはバックで進入
西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
無事、駅前広場へ入ることができた

時刻は午前3時半ころ。
いよいよ最終目的地であるメットライフドームに到着しました。

  • メットライフドームに至るまでは、西武球場前駅の駅前広場を通過する必要があります。
  • 展示スペースの向きの都合でしょうか、駅前広場へはバックで進入する様子が見られました。


西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
西武球場前駅の改札を目の前に、目的地まではもう間もなく
西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
工事の進むメットライフドーム周辺
西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場】
多くのファンが駅前広場に駆けつけていた

横瀬出発からは概ね4時間半。
これにて、ようやく西武電車のメットライフドームへの輸送が完了となりました。

また、この陸送から一夜明けた2020年12月19日には、車両のつり上げ作業も行われたようです。



今後は2021年3月のトレイン広場完成に向けて、車両のラッピング作業や整備が行われる模様です。
廃車かと思われた西武線の車両が、このように保存されるのは鉄道ファンとしても非常に嬉しいものです。
どのような姿でお披露目となるか、その時を楽しみに待ちたいと思います。

【陸送】西武電車の車両輸送【メットライフドーム/トレイン広場へ】のまとめ

  • メットライフドームに新設されるトレイン広場に、西武電車が輸送された
  • 輸送されたのは新101系クハ1262号車だった
  • 横瀬から所沢までを、概ね4時間かけて輸送された
  • トレイン広場に設置された西武電車は、ラッピング作業が行われる予定となっている
  • トレイン広場は2021年3月の完成を予定している

より詳しく西武線を知りたいあなたへ

【書籍レビュー】季刊Jトレイン73号【E31形設計開発と運転の舞台裏】 | Rail Log

季刊Jトレイン73号(ジェイトレイン2019年4月号)を紹介します。E31形電気機関車の記事が20ページに渡り特集されており、「設計開発と運転の舞台裏」と称するように、西武時代の逸話が多く掲載されています。20年以上に渡り西武鉄道を趣味の対象としてきた私が、このブログをご覧のあなたに間違いなくオススメできる一冊です。E31形の設計から運転の裏話に至るまで、多くのエピソードが紹介されており、西武線におけるE31形現役時代を知る方にとっては、当時の記

【Kindle版レポ】鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車【2021/1/6発売!】 | Rail Log

書籍、「鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車」を紹介します。この本は以下のような方にオススメします。西武鉄道の電車に興味がある20代以上の方。過去の西武電車、とりわけ3ドアの電車の細かい形態差を知りたい方。「ブラックフェイスの憎いやつ」と聞いて懐かしくなる方。

関東の私鉄の多くが国鉄に倣い20m級4扉の通勤電車を導入する中、長い間20m級3扉の通勤電車を作り続けた西武鉄道。近年他社との直通運転や、混雑の緩和の問題から、この伝統のスタイルは解消され、過去のものとなってしまいました。
この本はその3扉車の歴史と1970年代から2000年代までの3扉電車の終盤までをとらえ、紹介していきます。

使用した機材


関連記事

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
西武鉄道の写真を趣味で撮影する東京生まれの埼玉県民。
西武線の撮影実績(写真在庫)は20年以上・10万枚以上。
ホームページ・ブログも15年以上運営しています。
(子どもと電車を眺めているのが最近の専らです…)詳細なプロフィールはこちら

「【クハ1262陸送】西武電車の車両輸送【メットライフD/トレイン広場へ】」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。