多摩湖駅、西武園ゆうえんち駅の現在【改称・復活間近】

2021年3月13日の駅名改称に伴い、多摩湖駅西武園ゆうえんち駅となる2つの駅を紹介します。

現在は西武遊園地駅遊園地西駅を名乗りますが、慣れ親しんだこれらの駅名を使用するのも残りわずかとなりました。

3月13日以降は見られなくなる案内類や入場券など、改称を間近に控えた両駅の様子を紹介します。

また、ひと足早く、新しい駅名を身近に感じることの出来る2つの方法も紹介します。

西武遊園地駅は改称によって「多摩湖駅」へ駅名変更

西武遊園地駅の駅名版

多摩湖駅(旧:西武遊園地駅)は多摩湖線の終点の駅です。
上り方面の電車については、一部、新宿線へ直通する電車も存在します。
しかし、その多くが多摩湖線の萩山・国分寺方面へ向かう電車となっています。

また、山口線(レオライナー)の起点駅ともなっています。
西武園ゆうえんち駅(旧:遊園地西駅)と西武球場前駅へ向かう8500系電車が3番線から発車します。

山口線と多摩湖線の両駅名が入るサインも一部に存在している


西武遊園地が表記された入場券

西武遊園地駅の入場券

2021年3月12日を持って見納めとなる「西武遊園地」表記のきっぷです。

遊園地西駅は改称によって「西武園ゆうえんち駅」へ駅名変更

園内の様子は、ぜひ現地でご覧ください

西武園ゆうえんち駅(旧:遊園地西駅)は山口線における唯一の途中駅です。
島式ホーム1面1線の単線の駅となっており、両方向に電車が発着します。

2021年春の西武園ゆうえんちグランドオープン以降は、この駅がメインエントランスの最寄り駅となります。

遊園地西が表記された入場券

遊園地西駅の入場券

2021年3月12日を持って見納めとなる「遊園地西」表記のきっぷです。

ひと足早く「多摩湖駅」と「西武園ゆうえんち駅」を見る2つの方法

記事掲載時点では、駅名改称まで1週間ほどとなりましたが、ひと足早く新駅名を見ることが出来る方法を紹介します。

交換された案内やサイン類をよく見てみると…?

方面表記には目隠しがされている

2021年3月1日現在、山口線や西武遊園地駅界隈の案内類はすでに新駅名に対応したものに交換を終えている様子でした。

そのため、一部の掲示物や案内類には目隠しを行うものが見られます。

「多摩湖方面」の文字が見える

こちらは遊園地西駅の時刻表です。
目隠しの下からは、しっかりと「多摩湖」の表記が見えます。

「西武園ゆうえんち」の文字が見える

西武遊園地駅の時刻表についても同様に、「西武園ゆうえんち」の表記が見えます。
いずれも過渡期ならではの姿と言えるでしょう。

西武遊園地駅の改札口

多摩湖駅(旧:西武遊園地駅)の改札口についても、新駅名に対応した様子です。
従来、切り文字が特徴的だった駅名表記が撤去されており、一般的な駅名看板が取り付けられています。

「西武遊園地」の表記は仮のもので、改称後に「多摩湖」の表記を見ることになるのでしょう。

参考までに、切り文字時代の西武遊園地駅の改札口をGoogleストリートビューで紹介します。

ICカードの利用履歴を印刷すると…?

新駅名を見ることの出来る2つ目の方法です。
2021年3月1日時点で、改称が予定される2駅でICカードの「利用履歴印字」を行うと意外な表記になります。

遊園地西駅でICカード利用明細を発行

こちらは、2021年3月1日に遊園地西駅で印刷したICカードの利用明細と入場券です。

所沢から入場し、出場した駅が「西武ゆう」となっています。
また、その下、入場券を購入した分についても「0301購 西武ゆう」となっています。

しかしながら、発行場所は「遊園地西駅301発行」となっているのが見えます。

  • 履歴欄では改称後の「西武ゆう(西武園ゆうえんち)」表記が見られますが、発行欄は「遊園地西駅」となっており、共存するはずのない2つの駅名を1度に見ることが出来ます。


西武遊園地駅でICカード利用明細を発行

こちらは西武遊園地駅で印刷したICカードの利用明細と入場券ですが、同様の現象が見られます。

先ほどの続きから、「0301入 西武ゆう 出 多摩湖」と表記されています。
入場券を購入した分についても「0301購 多摩湖」となっています。

しかしながら、発行場所は「遊園地駅302発行」となっているのが見えます。

  • 履歴欄では改称後の「多摩湖」表記が見られますが、発行欄は「(西武)遊園地駅」となっており、共存するはずのない2つの駅名を1度に見ることが出来ます。


いかがだったでしょうか。
ひと足早く新駅名を見ることの出来る2つの方法を紹介しました。

2021年3月13日以降は、この捻じれ現象?も見られなくなりますので、過渡期の記念品として手元に残しておくのもいかもしれません。

西武園ゆうえんちは、グランドオープンに向けて2020年11月1日より休園中

閉ざされた西武園ゆうえんちの入り口

2021年春のリニューアルオープンに向けて、西武園ゆうえんちは休園しています。

西武遊園地駅改札からすぐのエントランスでは、2021年3月現在、ご覧のような様子でした。

ゲートには「休園のお知らせ」が掲示されている

エントランスには「休園のお知らせ」が掲示されています。
グランドオープンを目前に控えていますが、こちらの旧エントランス界隈には手入れがされていないよう見受けられます。

グランドオープン後の西武園ゆうえんちにアクセスするには、多摩湖駅からではなく西武園ゆうえんち駅を使うのが良さそうです。

西武園ゆうえんち 2021年春 いよいよグランドオープン![西武公式PDF]


リニューアルすると西武園ゆうえんち駅(遊園地西)が最寄りになります

島式1面の小さな西武園ゆうえんち駅(旧:遊園地西駅)

グランドオープン後の「西武園ゆうえんち」の最寄り駅は、「西武園ゆうえんち駅(旧:遊園地西)」になります。

長いあいだ、「西武園ゆうえんち」の最寄り駅は「西武遊園地駅」でしたが、このリニューアルを機に、ようやく施設名と駅名が統一されることとなります。

池袋から西武園ゆうえんちへ電車で向かうには

混雑を見せる西武線の池袋駅

西武線池袋駅からは急行や準急の「小手指行き」や「飯能行き」に乗車し、西所沢駅で西武球場前行きに乗り換えます。
西武球場前駅からは山口線レオライナーに乗車、一つ目の駅が「西武園ゆうえんち駅」です。

所要時間は概ね60分程度です。

乗換回数は多くなり運賃も高くなりますが、JR山手線を経由して高田馬場から西武新宿線を回った方が早く到着する場合もあります。

池袋から西武園ゆうえんちの乗換検索はこちら

  • 池袋→西武園ゆうえんち 土休日 池袋10:30発の例

    *西武線西所沢~西武球場前経由
    池袋10:40発→西武園ゆうえんち11:42着【乗換:1回 運賃:IC409円】

    *JR山手線~高田馬場経由
    池袋10:30発→西武園ゆうえんち11:28着【乗換:3回 運賃:IC482円】

2019年から運行を開始した新型特急Laview

池袋からは特急電車を利用することも可能です。
その場合は所沢駅まで特急に乗車し、所沢駅からは各駅で隣の西所沢まで乗車します。

西武池袋線では、すべての特急電車が新型のLaviewで運行されています。
ぜひ乗車してみてください。

国分寺から西武園ゆうえんちへ電車で向かうには

国分寺駅では西武国分寺線への誤乗に注意が必要です

JR中央線と接続する国分寺駅からは、7番ホームの西武多摩湖線で「萩山・多摩湖」方面の電車に乗車します。

中央線と横並びに止まる西武線は、西武国分寺線ですので乗り間違いには気を付けてください。

国分寺から西武園ゆうえんちまでの乗換検索はこちら

国分寺7番ホームが多摩湖線乗り場

多摩湖線の終点多摩湖駅では山口線のレオライナーに乗り換えます。

多摩湖駅での乗換は、階段等を渡ることはありません。
同一ホームの前方、奥にレオライナー乗り場があります。

レオライナーに乗車すると、一つ目が「西武園ゆうえんち駅」となります。
国分寺からの所要時間は概ね20分程度です。

多摩湖駅の様子
レオライナー乗り換えは前方を目指します



所沢から西武園ゆうえんちへ電車で向かうには

西所沢に停車する西武球場前行きの電車

所沢からは、小手指・飯能行きなどの下り方面の電車に乗って一つ目の西所沢駅で乗り換えます。
快速急行電車と特急電車は西所沢に停車しませんので、所沢で乗ろうとする電車の種別が「急行」や「準急」、「各停」などであることを確認してください。

西所沢からは西武球場前行きの狭山線に乗り換えます。
終点の西武球場前では山口線(レオライナー)に乗り換えます。
西武球場前駅の乗り換え用の通路は以下のGoogleストリートビューの通りです。

一見すると分かりにくいので、注意してください。


所沢から西武園ゆうえんちの乗換案内はこちら



西武新宿・高田馬場から西武園ゆうえんちへ電車で向かうには

西武新宿線では「急行拝島行き」利用が便利

西武線西武新宿・高田馬場駅からは急行の「本川越行き」や「拝島行き」に乗車します。
途中の萩山駅では多摩湖線の多磨湖行きに乗り換えます。
(本川越行きに乗車の場合は、小平で拝島行きか玉川上水行きに乗り換えます。)

多摩湖駅からは山口線レオライナーに乗車、一つ目の駅が「西武園ゆうえんち駅」です。

所要時間は概ね50分程度です。

西武新宿から西武園ゆうえんちの乗換案内はこちら

新宿線利用では、急行拝島行きが乗換回数も少なく便利



多摩湖行きの臨時電車(直通)が運転される場合もあります

西武新宿線においては、ゴールデンウィークや夏休み期間などに多摩湖駅直通の臨時電車を運転する場合があります。

西武園ゆうえんちグランドオープンの際には、何らかの直通電車が運転される可能性もあります。

西武鉄道Webサイト
臨時電車のお知らせ

多摩湖(西武遊園地)駅近くにはダム湖があります

夕暮れの多摩湖

多摩湖駅の南口からは、徒歩数分で多摩湖を臨むことが出来ます。
眺望も良く、お散歩には抜群のスポットではないでしょうか。

ただし、堤防への上り下りは結構な高低差があります。
階段を使わずとも、回り道で上ることもできますが、相応の時間と体力が必要となるのでご留意ください。

朝焼けの中を多摩湖線の電車が往来する様子

また、多摩湖の堤防からは西武多摩湖線を見下ろすこともできます。
特に朝焼けの時間帯においては、印象的な風景を眺めることが出来ます。

より詳しく西武線を知りたいあなたへ

Kindleの無料体験で鉄道雑誌が読み放題です

30日間無料で体験できるKindle Unlimitedでは、鉄道に関する書籍も読み放題でした。

鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車

西武3ドアの歴史が濃縮された書籍です。巻末の資料も非常に見やすく構成されています。

【Kindle版レポ】鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車【2021/1/6発売!】 | Rail Log

書籍、「鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車」を紹介します。この本は以下のような方にオススメします。西武鉄道の電車に興味がある20代以上の方。過去の西武電車、とりわけ3ドアの電車の細かい形態差を知りたい方。「ブラックフェイスの憎いやつ」と聞いて懐かしくなる方。

季刊Jトレイン73号【E31形設計開発と運転の舞台裏】

E31形のハンドルを握られた西武OBの方々の当時の話を覗き見ることが出来ます。

【書籍レビュー】季刊Jトレイン73号【E31形設計開発と運転の舞台裏】 | Rail Log

季刊Jトレイン73号(ジェイトレイン2019年4月号)を紹介します。E31形電気機関車の記事が20ページに渡り特集されており、「設計開発と運転の舞台裏」と称するように、西武時代の逸話が多く掲載されています。20年以上に渡り西武鉄道を趣味の対象としてきた私が、このブログをご覧のあなたに間違いなくオススメできる一冊です。E31形の設計から運転の裏話に至るまで、多くのエピソードが紹介されており、西武線におけるE31形現役時代を知る方にとっては、当時の記

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
34歳の電車好き。
西武線の撮り鉄歴は20年以上。東京生まれの埼玉県民。(西武沿線から離れられません)
なぜか既婚者、二児の父です。鉄道会社とバス会社で勤務経験アリ。ホームページ・ブログ運営は15年以上。西武線で団臨を走らせたことがあります。
詳細なプロフィールはこちら

Kindle Unlimitedの無料体験で鉄道雑誌が読み放題でした

Kindle Unlimitedは電子書籍のサブスクサービスですが、本登録の前にお試し期間を楽しむことが出来ます。
(Amazonアカウントですぐに登録可能)
西武の黄色い3扉車も、「Kindle Unlimited」の読み放題対象タイトルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。