2009/3/3 近江鉄道譲渡、新101系の武蔵丘出場

2009年3月3日、武蔵丘車両検修場へ入場していた #269F#291F のクモハ291号車の合計3両が、南入曽車両基地へ回送されました。

2両編成3本が連結されたブツ6回送から2カ月強が経過しましたが、外観や塗装に目立った変化は見られませんでした。

2008/12/29 西武新101系ブツ6回送

近江鉄道へ譲渡される西武新101系3両

近江鉄道へ譲渡される新101系は、2009年から2013年にかけて都合3度ほど見ることが出来ました。

  • 2009年:269F+291
  • 2012年:295F+303F(6両)
  • 2013年:281F+285F+309F(4両)

今回、紹介するのはその1回目にあたる初の新101系譲渡編成の様子となります。

なお、近江鉄道には1990年代初頭から後半にかけて、401系・701系・801系が譲渡されています。

西武池袋線の飯能へ向かうE31形と近江鉄道へ譲渡される新101系

近江鉄道譲渡、新101系の武蔵丘出場
小雪の舞う東飯能駅付近を通過するE31形と新101系

譲渡される269Fについては編成単位だったため、見た目の違和感はありません。

しかし、クモハ291号車については先頭車単体で連結されるため、近年の西武鉄道ではあまり例のない同じ向きの先頭車が2両連続するという珍編成となりました。

西武池袋線の入間市へ向かうE31形と 近江鉄道へ譲渡される 新101系

269Fについては、新101系2連の中でも2本のみにとどまったスカート付きの編成でもありました。

近江鉄道譲渡、新101系の武蔵丘出場
対向の6000系と絶妙な位置ですれ違ってしまった

もう1本のスカート付き新101系2連は295Fであり、こちらは2012年の晩年まで本線で運行されています。

この295Fについても近江鉄道へ譲渡されており、スカート付きの新101系2本は全て近江鉄道へ譲渡されています。

南入曽車両基地へ到着したE31形と 近江鉄道へ譲渡される 新101系

近江鉄道譲渡、新101系の武蔵丘出場
南入曽車両基地へ到着
近江鉄道譲渡、新101系の武蔵丘出場
同じ向きの先頭車が2連続する
近江鉄道譲渡、新101系の武蔵丘出場
車庫17番線へ入庫

南入曽車両基地へ到着後は、4日ほどの留置の後、3月7日の終電後に方向転換を実施しています。

この方向転換についてもE31形のPP( #E31 - #E34 )によって運転されています。
(南入曽→田無→小川→東村山→所沢→小手指→所沢)

入曽~新所沢を走行する10000系と20000系ラッピング電車

西武20000系20152Fケロロ軍曹ヘッドマーク
#20152F ケロロ軍曹HM

当日の南入曽車両基地脇で撮影した写真をいくつか紹介します。
ケロロ軍曹のスタンプラリーをやっていたようです。

2021年現在、20152Fは池袋線で運用されており、車両番号だけ見ても一昔前の印象が漂います。

南入曽車両基地で洗車中の10000系ニューレッドアロー

西武10000系洗車風景

西武10000系洗車風景
西武10000系洗車風景

南入曽車両基地では前面窓の洗車を行う10000系が見えました。
車と同様に、このようにワイパーが持ち上がることが新鮮な姿でした。

関連記事

この年代の記事をもっと見る


 Rail Logの最新記事をチェックする

Rail Logの感想を教えて下さい

結果を見る

Loading ... Loading ...


↓ブログランキングに参加しています↓
応援のクリック&タップを
是非よろしくお願いします​

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 西武線へ