9104F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】

2021年3月4日、横瀬へ回送されていた9104Fが武蔵丘車両検修場へ回送されました。

9104Fは最後まで残った10両編成の9000系でした。
4両化に伴い、多摩湖線向けのワンマン化改造が行われるものと見られます。

当記事では、回送の様子を5か所の撮影ポイントから紹介します。

9104F4連が263Fの牽引で武蔵丘へ

横瀬駅構内で入換を行う263Fと9104F

9104F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】
8両のうち左側が4両になった9104F、右側がけん引する263F

池袋線で活躍した10両編成の9000系は、2019年の9108Fを皮切りに順次4両編成に短縮されています。
これまでに4本の9000系が4両編成に短縮されています。

今回の9104Fは5本目に4連化された編成となります。

同時に9104Fは、9000系における最後の10両編成であったため、これにて9000系の10両編成が消滅しています。

横瀬車両基地には廃車される9104Fの中間6両の姿

9104F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】
右手が9304号車。左に向かって9804号車までの6両が廃車となる

9104Fの横瀬への回送は、2021年2月24日に行われています。

回送後は、車両基地内で4両に短縮する入換作業を行っています。

20倍速の動画で見る横瀬の入換作業


横瀬駅を出発する263Fと9104F4両の回送電車

9104F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】
左は廃車になる中間6両、難を逃れた4両は263Fの牽引によって再び武蔵丘車両検修場へ引き返す

各編成の扱いにおいて、9000系は命運が分かれました。

10両全てが廃車になった3編成(9101F・9106F・9107F)
10両中6両が廃車になり、4両化した5編成(9102F・9103F・9104F・9105F・9108F)

9104F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】
263Fの前パンが青空に抜けた
9104F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】
4両と4両で連結する回送電車

9000系は、2004年2月出場の9106Fを皮切りに足回りのVVVF化改造が進められていました。
改造工事の順序は、9106F→9107F→9101Fと進められています。

9104F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】
2004年3月、試運転を重ねる9106F
9104F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】
ひし形パンタを搭載するモハ9506号車
9104F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】
床下には真新しい機器が並ぶ

この改造順序は、2017年度における9000系の廃車順序と同様だったことが特筆されます。

9104F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】
横瀬へ回送される9106F(2017/10/30)

2017年10月30日、9000系1本目の廃車編成が発生し、9106Fが横瀬へ回送されています。
2018年3月には9107Fと9101Fも廃車の為に横瀬へ回送されています。

  • 改造順序
    6→7→1→4→5→2→3→8

  • 廃車順序
    6→7→1…

次の廃車編成は、9104Fではないかと誰もが予想しているところだったのです。

吾野駅を目前に控えた263Fと9104Fの回送電車

9104F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】
263Fと9000系の連結も今回が最後の機会
9104F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】
沿線各所には梅が咲く様子も見られた

しかし、その後、9000系は廃車されることはありませんでした。

2019年の9108Fを筆頭に、続々と4連化されて多摩湖線を走ることとなります。

  • 次の廃車編成かと思われた9104Fが、池袋線において最後まで10両編成で活躍を続けたことは、意外に感じた方も多かったのではないでしょうか。

東吾野~武蔵横手の沿線には梅が咲いていました

9104F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】
川沿いの梅の木を横目に263Fが鉄橋を通過する
9104F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】
あいにくの曇天ながら、申し訳程度に季節を感じる一コマ

おおよそ2年ほどかけて行われた9000系の4連ワンマン化も、この9104Fの改造を持って完了となります。

武蔵丘信号場へ到着した263Fと9104Fの回送電車

9104F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】
263Fの推進で車両基地内を進む9104F、進行方向は左手側

9000系の中間車廃車とワンマン化改造がひと段落となると、次はどのような車両の動きが予想されるでしょうか。

玉突きで狭山線を走るワンマン新101系には注目が集まります。
しばらく廃車の発生していない2000系の動向も気にかかるところです。

動画で視聴する:9104F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】

まとめ:最後の9000系4連化、9104Fが武蔵丘車両検修場へ回送されています

  • 2021年3月4日に9104F4連が、263Fの牽引によって武蔵丘まで回送されました
  • 9000系の4連化の回送は、この9104Fが最後の編成となった
  • 武蔵丘に入場している編成は9103Fと9104Fとなった

より詳しく西武線を知りたいあなたへ

Kindleの無料体験で鉄道雑誌が読み放題です

30日間無料で体験できるKindle Unlimitedでは、鉄道に関する書籍も読み放題でした。

鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車

西武3ドアの歴史が濃縮された書籍です。巻末の資料も非常に見やすく構成されています。

【Kindle版レポ】鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車【2021/1/6発売!】 | Rail Log

書籍、「鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車」を紹介します。この本は以下のような方にオススメします。西武鉄道の電車に興味がある20代以上の方。過去の西武電車、とりわけ3ドアの電車の細かい形態差を知りたい方。「ブラックフェイスの憎いやつ」と聞いて懐かしくなる方。

季刊Jトレイン73号【E31形設計開発と運転の舞台裏】

E31形のハンドルを握られた西武OBの方々の当時の話を覗き見ることが出来ます。

【書籍レビュー】季刊Jトレイン73号【E31形設計開発と運転の舞台裏】 | Rail Log

季刊Jトレイン73号(ジェイトレイン2019年4月号)を紹介します。E31形電気機関車の記事が20ページに渡り特集されており、「設計開発と運転の舞台裏」と称するように、西武時代の逸話が多く掲載されています。20年以上に渡り西武鉄道を趣味の対象としてきた私が、このブログをご覧のあなたに間違いなくオススメできる一冊です。E31形の設計から運転の裏話に至るまで、多くのエピソードが紹介されており、西武線におけるE31形現役時代を知る方にとっては、当時の記

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
34歳の電車好き。
西武線の撮り鉄歴は20年以上。東京生まれの埼玉県民。(西武沿線から離れられません)
なぜか既婚者、二児の父です。鉄道会社とバス会社で勤務経験アリ。ホームページ・ブログ運営は15年以上。西武線で団臨を走らせたことがあります。
詳細なプロフィールはこちら

Kindle Unlimitedの無料体験で鉄道雑誌が読み放題でした

Kindle Unlimitedは電子書籍のサブスクサービスですが、本登録の前にお試し期間を楽しむことが出来ます。
(Amazonアカウントですぐに登録可能)
西武の黄色い3扉車も、「Kindle Unlimited」の読み放題対象タイトルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。