2008/2/4 西武多摩湖線の225Fその8【イベント中止翌日の廃車回送】

西武多摩湖線で運用されていた225Fの姿を紹介します。

西武鉄道101系電車は、1969年(昭和44)年に登場した電車で、
101系(低運転台車)と新101系(高運転台車)に大別されます。

101系低運転台車(低運車)の本線運用は、2004年12月限りで終えており
その後は、多摩湖線と多摩川線において4両×5編成の20両が
ワンマン対応編成として最後の活躍を続けていました。

    2004年12月までの101系低運車配置一覧
    • 池袋線…193F・197F(ワンマン非対応、本線運用)
    • 新宿線…175F・191F(ワンマン非対応、本線運用)
    • 多摩湖線…225F(ワンマン対応)
    • 多摩川線…217F・219F・221F・223F(ワンマン対応)
    2005年1月以降の101系低運車配置一覧
    • 多摩湖線…225F(ワンマン対応)
    • 多摩川線…217F・219F・221F・223F(ワンマン対応)


この時期は、中央線高架化工事(武蔵境駅での連絡線使用不可)の為
多摩湖線の車両と多摩川線の車両を定期的に入れ替える事が出来ず

2003年3月の輸送(223F多摩川線へ、225F多摩湖線へ)を最後に休止しており、
2010年3月の輸送(247F多摩川線へ、217F廃車の為本線へ)の再開まで

両線で稼働する編成は固定されたままでした。



2010年以降、247F・249F・251F・253Fのワンマン化改造により
多摩川線の101系低運車4編成は順次廃車となり、置き換えられることになります。



多摩川線に残る4編成より一足早い2008年2月、
225Fは引退することになりました。

225Fの廃車により、多摩湖線の編成数はマイナス1となりますが、
約2か月後の2008年3月には263Fが武蔵丘を出場(編成組み換え・改番)しており
多摩湖線のマイナス1編成の穴を埋めています。

263Fについては下記リンクからどうぞ。

西武多摩湖線の225Fその8【イベント中止翌日の廃車回送】

横瀬付近での西武101系225F

廃止された東横瀬駅への分岐部分を通過する225F。
当日は南入曽から横瀬まで、直接回送だったような記憶があります。

前の記事で紹介した通り、前日は平野部でも積雪を観測するほどの天候となっており
秩父方面でも、結構な積雪があったことが分かります。

西武鉄道の特急車内補充券

当日は、特急に飛び乗って横瀬へ向かいました。
ちょっとお行儀が悪かったようで、無札で飛び乗って車内精算をしています。

いまどき、車内料金が設定されて久しいですが
このような補充券、今も見ることが出来るのでしょうか。

この補充券を売ってくれた車掌さんとは、少しお話しすることが出来ました。
もう今となってはのお話ですが、その節はありがとうございました。

横瀬の機関庫と廃車車両

横瀬のピット裏には、新101系の廃車車両が留め置かれていました。
255Fの両端クハでありまして、手前がクハ1255、奥がクハ1256となります。

255Fについては、中間のモハユニットを改番の上、263Fに転用されており
余剰となったクハ2両は廃車されています。

255Fの回送については、下記の記事からどうぞ。



多摩湖線へ263Fが投入されるまで、あと2カ月ほど。

追われてやってきた225Fを右側に、
残ることの出来なかった車両たちが一堂に会するシーンとなりました。

駅に着くころには、入れ換えも終盤といったところでした。
ピット脇に入線し、ほどなくしてパンタを下げています。

ただでさえ白い武甲山は、雪のせいで今日は一段と白く見えます。

さよならイベント中止から、翌日の廃車回送。
皮肉にも、この回送当日は天気に恵まれることとなり、
この一日の差で、随分と結果は違っていたものになっていたのかもしれません。

しかし、それは誰も責められるものでもなく
ただ、ただ、そういった結果となったことを受け入れる以外の術はありません。

    2008年2月以降の101系低運車配置一覧
    • 多摩川線…217F・219F・221F・223F(ワンマン対応)

101系低運車は、これで残り4編成16両となりました。
残る4編成についても、2010年度を最後に引退することとなります。

多摩川線の4編成についても、その最後はさまざまだったことを思い返します。
E31牽引、方転、保存…
これらの姿も、またの機会に記事としてご紹介できればと思います。


それでは、以上を持ちまして225Fシリーズ完結となります。
ご覧下さいましてありがとうございました。


西武多摩湖線の225Fその8【イベント中止翌日の廃車回送】のまとめ

  • さよならイベント中止の翌日、225Fは横瀬に廃車回送された
  • 本線側の101系低運車が、これにて見納めとなった(多摩川線帰還の甲種時除く)
  • ワンマン101系低運車は残り4編成となり、多摩川線で最後の活躍を続けていた

西武線にもっと詳しくなる

【無料体験アリ】Kindleの雑誌読み放題

30日間無料で体験できるKindle Unlimitedでは、鉄道に関する書籍も読み放題でした。

無料体験中は、いつでも解約が可能なので安心して読むことが出来ます。
Kindle Unlimitedの無料体験はこちらから

鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車

西武3ドアの歴史を網羅的に紹介する書籍です。巻末の資料も図を用いて見やすく構成されています。

こちらの書籍は、2021年6月現在、Kindle Unlimitedの無料体験で読むことが出来ます。
手軽に数回のタップだけで、すぐに本を読むことが出来ますよ。

「西武の黄色い3扉車」のレビュー記事を読む

季刊Jトレイン73号【E31形設計開発と運転の舞台裏】

E31形のハンドルを握られた西武OBの方々の当時の話を覗き見ることが出来ます。

「季刊Jトレイン73号」のレビューを読む

関連記事

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
34歳の電車好き。
西武線の撮り鉄歴は20年以上。東京生まれの埼玉県民。(西武沿線から離れられません)
なぜか既婚者、二児の父です。鉄道会社とバス会社で勤務経験アリ。ホームページ・ブログ運営は15年以上。西武線で団臨を走らせたことがあります。
詳細なプロフィールはこちら

Kindle Unlimitedの無料体験で鉄道雑誌が読み放題でした

Kindle Unlimitedは電子書籍のサブスクサービスですが、本登録の前にお試し期間を楽しむことが出来ます。
(Amazonアカウントですぐに登録可能)
西武の黄色い3扉車も、「Kindle Unlimited」の読み放題対象タイトルです。