2020/11/8 Laviewブルーリボン賞受賞記念 車両基地まつりin横瀬

2020年11月8日、001系Laviewのブルーリボン賞受賞を記念して、横瀬車両基地にてイベントが行われました。
当日は、50年前にブルーリボン賞を受賞した5000系と
今回、同賞を受賞した001系が並んで展示されました。
各種保存車両の展示や保線作業の実演、鉄道グッズの販売なども行われ、
臨時に運行された10105Fレッドアロークラシックの様子も紹介します。

この記事を読むことで、当日の横瀬界隈の様子と雰囲気が十分に伝わることと思います。

Laviewブルーリボン賞受賞記念 車両基地まつりin横瀬 会場の様子

ブルーリボン賞受賞特急電車展示コーナー

クハ5503と001-A1F
同じく2編成を5000系側から
001-A1号車の側面にはレッドアローカラーが反射

ブルーリボン賞を受賞した特急型電車2形式を並べた展示コーナーの様子を紹介します。

今回、2020年のブルーリボン賞を受賞したのは右側、001系「Laview」です。
対する左側、赤の帯を巻いた西武鉄道5000系は、1970年にブルーリボン賞を受賞しており
正に、丁度50年前の出来事でした。

  • 半世紀を経て、西武鉄道の特急型電車が同賞を受賞したことは
    数字のキリのよさも相まって、非常に象徴的なものとなりました。





シルバーをクロップするとレッドの存在感が窓に浮かびます

新生西武CIと、5000系の特徴的な2枚折り戸
001-A1号車に貼付された「Laviewブルーリボン賞受賞記念オリジナルロゴ」

車両基地の退出路となる沿道からも、両者が並ぶ姿を捉えることが出来ました。
「風景に溶け込む特急」として、大々的にデビューした001系でしたが
「風景に溶け込む」という言葉には、「風景を映しだす」という意味が含まれているように思えます。

  • 50年前の特急である5000系ですが、見方を考えれば「50年後」の特急が001系です。
    2つの特急型電車の展示は、ただの車両の並びではなく、
    その背景にある時間の流れや歴史も含めてみると、非常に感慨深いものがあります。

特急電車展示コーナーは1分30秒の入れ替え制

会場内に掲示されていた注意書き

展示コーナーへの入場は1回は1分30秒、20人の枠で実施されました。

特急電車の展示コーナーは、車両の近傍に人が写り込まないように配慮された
「撮影専用」のコーナーとして扱われています。
この為、車両に触れたり近づくことは出来ませんが、
昨今の状況を鑑みると致し方ないことだと感じます。

このコーナーについては、午前の部の閉場間際の時間になっても
入場待ちの列が短くならず、極めて活況の様相を呈していました。

  • このような入れ換え制は公平性も一目瞭然ですので
    無用なトラブルも事前に防止できる運用方法なのでしょう。


懐かしの車両・機関車の展示

E851形など、旧型電機が並ぶ

会場内には「懐かしの車両・機関車の展示」として複数の保存車両が展示されました。

こちらは特に撮影タイムなどが設けられることは無く
車両や機関車には、自由に近づいたりすることが出来ました。
(車両内など、立ち入り制限区域を除く)

保線作業の実演

レール吊り上げ作業の実演
すぐ脇には西武秩父線の線路が通る

本線寄りの一角では、保線作業の実演が行われていました。

専用の装置を用いたレールの吊り上げ作業を実演しており
他にも、いろいろな作業を間近で見学することができたようです。

こちらも多くの見物人でにぎわっており、活況の様相を呈していました。

地場産お土産品の販売

横瀬町産の紅茶を使ったお菓子などが並ぶ
各種お土産品の出張販売も行われた

会場内では、菓子類やお土産品の販売も行われていました。

以前に見られた軽食類(焼きそばやフランクフルト等)の販売は行われておらず、
入場時に配布されたクリアファイル内には「横瀬町グルメマップ」(後述)なるものが折り込まれていました。

西武鉄道グッズの販売

各種鉄道グッズの販売も行われています。
新型コロナウイルス流行に伴い、販売を見合わせていた10000系ニューレッドアローのグッズも
今回、販売されることとなりました。

これらの新商品は早々に売り切れとなった模様で、
こちらも非常に人気を集めている様子でした。

  • Laviewのシートクッションも販売されていたようです。
    ※この記事も「Laviewシートクッション」を敷物にして作成しています。


Laview 運転士腰掛(試作品)の展示

こちらはLaviewの運転席の試作品となります。
詳細は以下のPDFにお任せするとして、驚くべきはこれを販売するということと、そのお値段。

一つ「50万円」での販売、限定2つの現品限りというものです。

さて、買い手は現れたのでしょうか?


2020/11/02
「Laviewブルーリボン賞受賞記念キャンペーン」Laview運転士腰掛(試作品)を販売します![西武公式PDF]

500,000円の文字が目立ちます



会場への入場時に「池袋線レッドアロー号ラストランプロモーション」クリアファイルを配布

NEW is LAST
2020.3.13 LAST RUN

会場へ入場の際には、レッドアロー号の池袋線LAST RUNクリアファイルが配布されました。

このクリアファイルは、2020年3月まで実施されていた
「レッドアロー号ラストランプロモーション」において配布を予定しておりましたが
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、配布を見合わせていたものです。

  • 半年以上の時間が経過するなかで、その行方が気にかかるところでしたが
    今回のイベントで念願かなっての配布となりました。



(参考リンク)
当初の配布予定と、配布を延期する旨の記載アリ
2020/02/21 池袋線レッドアロー号 ラストラン プロモーションを実施します!
[Wayback Machine - Internet Archiveより]


クリアファイル内には、会場内の見取り図と
横瀬町グルメマップが折り込まれておりました。

  • 会場内に軽食類の販売がなかったので
    こちらを参考に出かけられた方も多かったのではないでしょうか。



Laviewブルーリボン賞受賞記念 車両基地まつりin横瀬 開催に伴い臨時特急電車を運転

イベント開催時間に合わせて、臨時の特急電車が運転されました。
下り飯能始発西武秩父行きが2本、
上り西武秩父始発飯能行きが4本、それぞれ運転されています。

臨時特急電車の上下4本はレッドアロークラシックで運転

上下4本(2往復)の臨時特急電車は「レッドアロークラシック」にて運転されました。


  • 2020/11/8 レッドアロークラシック充当列車

    ちちぶ91号 飯能953→西武秩父1032
    ちちぶ92号 西武秩父1053→飯能1135
    ちちぶ93号 飯能1150→西武秩父1240
    ちちぶ96号 西武秩父1253→飯能1335

  • ※ちちぶ94号と98号はLaviewで運転
    ちちぶ94号 西武秩父1138→飯能1222
    ちちぶ98号 西武秩父1347→飯能1437


ちちぶ91号 飯能9:53→西武秩父10:32(臨時特急電車レッドアロークラシック)

10105F(レッドアロークラシック)によって
運転された臨時特急電車

武甲山を背景に、横瀬へ到着するレッドアロークラシックを臨みます。
001系Laviewの宣材写真にも使われた撮影地となります。

  • 晴れれば逆光、曇れば色の無い空が大部分を占める撮影地となります。
    なかなか難儀するものですが、今回は会場へのアクセスも鑑みて
    この撮影地を選定しました。


ちちぶ92号 西武秩父10:53→飯能11:35(臨時特急電車レッドアロークラシック)

当日の10105F(レッドアロークラシック)は、南入曽車両基地を出庫して飯能駅まで回送されています。
飯能駅からは「ちちぶ91号」に充当し、西武秩父へ向かいます。
終着の西武秩父駅からは折り返し「ちちぶ92号」として、再び飯能駅を目指します。

  • 横瀬のイベント会場では、通過するレッドアロークラシックに
    みんなで手を振りましょう、という旨のアナウンスが流れていました。
    このおかげで、イベントらしい風景を切り取ることが出来ました。

ちちぶ93号 飯能11:50→西武秩父12:40(臨時特急電車レッドアロークラシック)

池袋線・西武秩父線を走る10000系NRAの姿は、つい先日まで日常的に見られた光景でしたが
先に紹介したクリアファイルにもあるように、2020年3月をもって定期運行を終了しています。

  • 今回のレッドアローの臨時特急電車は
    池袋線・西武秩父線で約8か月ぶりにレッドアローが営業運行されたことになります。


ちちぶ96号 西武秩父12:53→飯能13:35(臨時特急電車レッドアロークラシック)

最後の「ちちぶ96号」は乗車することとし、10000系の乗り心地と沿線の景色を楽しみました。
乗車に回った理由は以下の3つの要素があったからです。

  • 後述する「乗車記念カード」のことが気にかかったこと
  • レッドアロークラシックの沿線撮影は2020年3月時点で一区切り出来ていたこと
  • 上りの特急飯能行きという珍しさがあったこと


途中の芦ヶ久保駅では52席の至福52型と行き違い、東吾野駅では001系Laviewとの行き違いがありました。

レッドアロークラシック乗車記念カードを横瀬駅で配布

レッドアロークラシックに乗車する乗客向けには
横瀬駅において「乗車記念カード」を配布する旨の案内がありました。

2020/10/14
「Laviewブルーリボン賞受賞記念 車両基地まつり in 横瀬」を開催します[西武公式PDF]
※ レッドアロークラシックで、降車または乗車されるお客さまに、横瀬駅で
「乗車念カード」をプレゼントいたします。

配布された乗車記念カード

当日は、「西武秩父→飯能」の特急券を所持していましたが
西武秩父から乗車の場合は、乗車記念カードの配布は無いとのことでしたので
横瀬駅から乗車することにしました。

なお、乗車記念カードに描写されている「特急ちちぶ 飯能」の側面表示は
実際の行き先方向幕には収録されていない組み合わせです。

その為、上りの臨時特急電車は「ちちぶ」表示ではなく
「臨時」表示での走行となっています。

  • 以下に紹介する当日の動画では、後半部分でレッドアロークラシック乗車時の車窓を紹介しています。

Laviewブルーリボン賞受賞記念 車両基地まつりin横瀬の動画

Laviewブルーリボン賞受賞記念 車両基地まつりin横瀬のまとめ

  • 001系Laviewのブルーリボン賞受賞を記念して、横瀬車両基地にてイベントが行われた
  • 5000系と001系、ブルーリボン賞を受賞した特急型電車2形式を並べたコーナーが目玉だった
  • 各種保存車両の展示や保線作業の実演、鉄道グッズの販売なども行われた
  • 会場への入場時には「池袋線レッドアロー号ラストランプロモーション」クリアファイルが配布された
  • イベント開催に合わせて、レッドアロー
  • クラシックによる臨時特急電車が運転された。
  • 横瀬駅ではレッドアロークラシックの乗車記念カードの配布も行われた


今なら最大10,000ポイント還元キャンペーンも実施中!

今なら最大10,000ポイント還元キャンペーンも実施中!

東京西北部から埼玉西南部にかけて、日本の大手私鉄としては5番目に長い路線網をもつ西武鉄道。その歩みは川越鉄道の開業から武蔵野鉄道の開業、旧西武鉄道の成立に多摩鉄道の買収合併、多摩湖をめぐる鉄道の盛衰を経るなど複雑多岐にわたる路線の変遷がありました。本書ではそれら西武の一時代を築いた名車両を池袋線・新宿線を中心にご紹介します。(2020/11/20発売)
秩父線を活性化させるため、「52席の至福」というレストラン電車を導入するだけでなく、自社の看板列車となるニューレッドアローの置き換えとして、新型特急「Laview」を導入するなど、行楽需要の取り込みを模索するようになった西武鉄道。首都圏という巨大な通勤・通学需要が見込める環境にはあるが、秩父観光や西武ドーム・西武園遊園地などへの行楽客の輸送にも取り組む西武鉄道の事例を取り上げ、今後の鉄道会社の経営の在り方を考える!!(2020/12/7発売)

使用した機材


関連記事

Follow me!

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
20年以上に渡り、西武鉄道の写真を趣味で撮影する東京生まれの埼玉県民。
西武線の撮影実績(写真在庫)は10万枚以上。
ホームページ・ブログ運営は15年以上。
子どもと電車を眺めているのが最近の専らです。詳細なプロフィールはこちら