2020/12/1 9103F(RED LUCKY TRAIN)10両編成 横瀬へ回送

2020年12月1日、9103F(RED LUCKY TRAIN)が、小手指から横瀬へ回送されました。
京急カラーをまとうことで知られる9103Fですが、今回の回送は一連の9000系4連化(ワンマン対応化)に伴う動きと見られ、10両編成での活躍は見納めとなりそうです。

記事内では、飯能以遠を走行する9103Fの様子を中心に、横瀬にて留置の続くクハ1262の姿も紹介します。

9103F(RED LUCKY TRAIN)10両編成 横瀬へ回送

撮影地:西武池袋線 東吾野→吾野【9103F10連横瀬へ】

国道299号の旧道をオーバークロスする9103F

9000系では初の特別塗装車となった9103Fが横瀬へ向かいます。
2014年7月の出場から、概ね6年ほどの活躍となりました。

当日は気持ちの良い晴天の下、撮影地各所も賑わいを見せていました。

撮影地:西武池袋線 吾野駅【9103F10連横瀬へ】

吾野3番に停車する9103F

10両編成の停目も、おおよそ40000系の為に設置されたものなのでしょう。
しかし、このように9000系が使用する姿を改めて眺めてみると、不思議な感覚に陥ります。

  • 吾野では営業電車を待避してからの出発となりました。


撮影地:西武池袋線 横瀬駅【9103F10連横瀬へ】

横瀬に到着後、D16による入換
両者の色味は非常に似通っている

横瀬では、もうすっかり定番となった到着後の入換が行われました。
入換の後は、中間6両を抜いた4両編成が組成されています。
多摩湖線への投入に向けての動きと見られます。

これまでの流れの通例として、今後は263Fが横瀬へ送り込まれて、同車の牽引によって9103F4連を武蔵丘へ回送、中間6両は廃車となります。

横瀬車両基地のクハ1262について

クハ1262は今も横瀬に留まる

2020年11月9日に横瀬へ回送された多摩湖線の261Fでしたが、4両編成のうち飯能方3両については基地からの搬出を終えていました。

しかし、西武秩父方のクハ1262については留置が続いており不可解な動きとなっています。



  • 不思議な形で車両基地内に留まるクハ1262ですが、どうやらこの動きを紐解くヒントがありそうです。
    それは、以下のリリースをご覧いただければ納得ができるのではないでしょうか。




    [リリースより引用]
     「トレイン広場」は、「ライオンズ チームストア フラッグス」に隣接する新しいエリアです。2021年3月を目途に、メットライフドームエリアの新しいシンボルとして西武鉄道の車両を1両設置します。車体にラッピングを施し、皆さまに写真撮影やさまざまな体験をお楽しみいただけるエリアになる予定です。

リリースによると、3か月後に迫った「2021年3月を目途」にトレイン広場を整備すると記載があります。
不自然に1両が残されたクハ1262の動きと、当該のリリースを読み進めてみると、トレイン広場で展示される車両はクハ1262なのではないかという仮説が立ちます。

  • 公式発表があったわけでもありませんが、可能性は高いのではないでしょうか!?



クハ1262は、4年前に発生した多摩湖線土砂崩れの影響で脱線をしている車両です。
もし、展示が現実のものとなるのであれば、存続の危機を二度も乗り越えた幸運な車両と言えるでしょう。

スカートを取り外して走行するクハ1262
脱線事故の影響で運用を外れた時期があった

9103F(RED LUCKY TRAIN)10両編成 横瀬へ回送のまとめ

  • 9000系9103Fが横瀬に回送され、営業運行に就いている10両編成の9000系は、9104Fの1編成となった。
  • 9103Fについては、横瀬で入れ換えが行われ、その様子から4両化に向けての動きと見られる。
  • 261Fのクハ1262については、横瀬車両基地内で留置が続いている


9000系、2020年12月1日現在の概況

  • 9101F…廃車
  • 9102F…4両化の上、武蔵丘へ回送済み
  • 9103F…2020/12/1横瀬へ回送(RED LUCKY TRAIN)
  • 9104F…本線運用中(最後の10両編成)
  • 9105F…4両化の上、多摩湖線で運用中
  • 9106F…廃車
  • 9107F…廃車
  • 9108F…4両化の上、多摩湖線で運用中(レジェンドブルー塗装)

より詳しく西武線を知りたいあなたへ

Kindleの無料体験で鉄道雑誌が読み放題です

30日間無料で体験できるKindle Unlimitedでは、鉄道に関する書籍も読み放題でした。

鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車

西武3ドアの歴史が濃縮された書籍です。巻末の資料も非常に見やすく構成されています。

【Kindle版レポ】鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車【2021/1/6発売!】 | Rail Log

書籍、「鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車」を紹介します。この本は以下のような方にオススメします。西武鉄道の電車に興味がある20代以上の方。過去の西武電車、とりわけ3ドアの電車の細かい形態差を知りたい方。「ブラックフェイスの憎いやつ」と聞いて懐かしくなる方。

季刊Jトレイン73号【E31形設計開発と運転の舞台裏】

E31形のハンドルを握られた西武OBの方々の当時の話を覗き見ることが出来ます。

【書籍レビュー】季刊Jトレイン73号【E31形設計開発と運転の舞台裏】 | Rail Log

季刊Jトレイン73号(ジェイトレイン2019年4月号)を紹介します。E31形電気機関車の記事が20ページに渡り特集されており、「設計開発と運転の舞台裏」と称するように、西武時代の逸話が多く掲載されています。20年以上に渡り西武鉄道を趣味の対象としてきた私が、このブログをご覧のあなたに間違いなくオススメできる一冊です。E31形の設計から運転の裏話に至るまで、多くのエピソードが紹介されており、西武線におけるE31形現役時代を知る方にとっては、当時の記

使用した機材


関連記事

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
34歳の電車好き。
西武線の撮り鉄歴は20年以上。東京生まれの埼玉県民。(西武沿線から離れられません)
なぜか既婚者、二児の父です。鉄道会社とバス会社で勤務経験アリ。ホームページ・ブログ運営は15年以上。西武線で団臨を走らせたことがあります。
詳細なプロフィールはこちら

Kindle Unlimitedの無料体験で鉄道雑誌が読み放題でした

Kindle Unlimitedは電子書籍のサブスクサービスですが、本登録の前にお試し期間を楽しむことが出来ます。
(Amazonアカウントですぐに登録可能)
西武の黄色い3扉車も、「Kindle Unlimited」の読み放題対象タイトルです。

「2020/12/1 9103F(RED LUCKY TRAIN)10両編成 横瀬へ回送」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。