2020/12/10 9103F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】

2020年12月10日、9103F(京急塗装)が、横瀬から武蔵丘車両検修場へ回送されました。
9103Fは10両から4両編成に短縮されており、多摩湖線向けにワンマン化改造が行われるものと見られます。
なお、この回送は通例通り263Fによる牽引で運転されています。

当記事では、横瀬での入換中の様子に始まり、武蔵丘へ向かう様子を5か所の撮影ポイントから紹介します。
この記事を読むことで京急塗装の9103Fを、いろいろな角度から見ることができます。

  • 記事の最後には西武9000系4連化に伴う動きをまとめています。
    大体の動きは追えているはずですので、ブックマーク代わりにご利用ください。

9103F4連 263F牽引で武蔵丘へ

撮影地:西武秩父線 横瀬【9103F4連化263F牽引で武蔵丘へ】

横瀬で入換を行う9103F4連
横瀬で入換を行う9103F4連
飯能方には263Fを連結した9103F
飯能方には263Fを連結した9103F

9103Fは、西武池袋線において主に優等列車の運用に就く10両編成の電車です。
2020年12月1日には、4連化のため横瀬車両基地へ回送されています。



横瀬への回送後は車両基地内にて中間6両を切り離す作業を行っています。
9000系の4連化では、これまでにも同様の動きが見られており、いずれも武蔵丘入場に備えた動きとなっています。




撮影地:西武秩父線 横瀬→芦ヶ久保【9103F4連 263F牽引で武蔵丘へ】

263Fを先頭に横瀬を出発した9103F4連
263Fを先頭に横瀬を出発した9103F4連

9103Fが横瀬へ回送されてから1週間が経過した2020年12月8日には263Fが横瀬へ回送されています。
これまでの流れを見ると、263Fの横瀬到着翌日(12月9日)に編成を組成する作業が行われます。
(263Fと短縮した9000系を連結)

  • 組成の翌日(12月10日)には武蔵丘への回送が実施される運びとなり、これが通例の動きとなっています。

撮影地:西武池袋線 吾野→東吾野【9103F4連 263F牽引で武蔵丘へ】

クハ9103とクモハ266の連結面
クハ9103とクモハ266の連結面

今回、運転されたのは263Fと9103F(京急塗装)ということもあって、多くの注目を集めていました。
黄色と赤の混色編成は、西武多摩川線の新101系甲種輸送でしばしば見られる姿となります。
しかし同じ赤とはいえ、色味や塗装も異なる9000系ですので、雰囲気は異なった装いとなりました。

撮影地:西武池袋線 東吾野→武蔵横手【9103F4連 263F牽引で武蔵丘へ】

山あいの鉄橋を渡る263Fと9103F
山あいの鉄橋を渡る263Fと9103F

冬至も間近に迫った12月、運転時刻が15時前後ということもあり、多くの撮影地では太陽が当たりませんでした。

  • 写真の中での明暗差は、中途半端な白飛びにも繋がるので気を遣うところです。

撮影地:西武池袋線 武蔵丘車両基地【9103F4連 263F牽引で武蔵丘へ】

武蔵丘車両検修場信号場に到着した263Fと9103F
武蔵丘信号場に到着した263Fと9103F
推進運転中の263Fは、ヘッドライトが点灯していた
推進運転中の263Fは、ヘッドライトが点灯していた

無事、横瀬から武蔵丘へ到着した263Fと9103F。
車両基地内へは、先頭を務めた263Fの推進運転によって進んでいきました。

  • 3番目に4連化された9102Fは、まだ武蔵丘を出場していません。
    このたび回送された9103Fは、9102Fの出場後にワンマン化が行われるのではないでしょうか。

まとめレポ:西武9000系 4連ワンマン化について

2019年10月 9108F4連化 横瀬→武蔵丘回送


2020年6月 9105F4連化 横瀬→武蔵丘回送


2020年7月 4連9000系初出場(9108F)


2020年8月 9102F4連化 横瀬→武蔵丘回送


2020年9月 9108F営業運行に向けた試運転


2020年10月 4両編成ワンマン9000系 多摩湖線で営業開始


2020年11月 4両編成ワンマン9000系 西武園線で営業運行


2020年12月 9103F 10両編成で横瀬へ回送




西武線にもっと詳しくなる

【無料体験アリ】Kindleの雑誌読み放題

30日間無料で体験できるKindle Unlimitedでは、鉄道に関する書籍も読み放題でした。

無料体験中は、いつでも解約が可能なので安心して読むことが出来ます。
Kindle Unlimitedの無料体験はこちらから

鉄道車輛ガイド Vol.33 西武の黄色い3扉車

西武3ドアの歴史を網羅的に紹介する書籍です。巻末の資料も図を用いて見やすく構成されています。

こちらの書籍は、2021年6月現在、Kindle Unlimitedの無料体験で読むことが出来ます。
手軽に数回のタップだけで、すぐに本を読むことが出来ますよ。

「西武の黄色い3扉車」のレビュー記事を読む

季刊Jトレイン73号【E31形設計開発と運転の舞台裏】

E31形のハンドルを握られた西武OBの方々の当時の話を覗き見ることが出来ます。

「季刊Jトレイン73号」のレビューを読む

使用した機材

この記事を書いた人

SSK
SSK【西武線に対する趣味的理解が深まるブログをお届けします】
34歳の電車好き。
西武線の撮り鉄歴は20年以上。東京生まれの埼玉県民。(西武沿線から離れられません)
なぜか既婚者、二児の父です。鉄道会社とバス会社で勤務経験アリ。ホームページ・ブログ運営は15年以上。西武線で団臨を走らせたことがあります。
詳細なプロフィールはこちら

ここだけの話、西武線の本が無料で読めます

西武の黄色い3扉車を無料で全ページ読むことが出来る裏ワザです。
Kindle Unlimitedは電子書籍のサブスクサービスですが、本登録の前のお試し期間はノーリスク。損をしない賢い選択です。
(Amazonアカウントですぐに登録可能です)

「2020/12/10 9103F4連 263F牽引で武蔵丘へ【西武鉄道9000系ワンマン化】」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。